【外道の細道】『煩悩の夕暮れ』リターンズ


本ブログは、2012年3月15日にお亡くなりになった「外道の細道」管理人、故外道紘さんの
まとめブログです。本ブログは、『The Internet Archive』からデーターを復旧しております。
本ブログは、オリジナルの「外道の細道」及び、その関連サイトとは何ら関係がございません。
本ブログ以外の「外道の細道」に関係する事象には、一切お応えすることができませんので、
ご了承ください。(2016年6月15日 外道 邦)

google_translate
epubファイル配信開始! (2020/1/22、最新版)
スマホ・タブレットで外道の細道を読むなら、「epubファイル配信」のバナーをクリック!!
            

    煩悩の夕暮れ、追加記事

    またまた見つけた、煩夕の漏れ。
    漏れた記事は以下の通り。







    俺は、『The Internet Archive』から目視で一つ一つ記事を探し出し、手作業でシコシコ更新しているので、なかなかパーフェクトな仕事というわけにはいかないのだ。

    やれやれ、これ以外にもまだあるぞ。
    残りはそのうち気が向いたらやります。

    けろよーん。
    外道風呂

    epubファイルバナー_566_45

    「京大淫生(慶應大学生)」くん

    人間離れした顔と、それ以上にズレた感受性を持つ「京大淫生(慶應大学生)」くん。

    そのありえないほど低い顔面偏差値とは対象的に、彼の学生時代の学力は常に偏差値80。

    慶應幼稚舎から、慶應大とエリート街道を爆走。
    一般人とは、人生のスタートから違った。

    ところが、それで満足しないのが、彼がただのエリートではない所以だ。

    「関西のちょんの間を絨毯爆撃する」たったそれだけの目的で、大学院は通い慣れた慶應ではなく、京都大学に進学。

    彼はちょんの間が大好きなのだ。

    ついでに、スタンドフォードにも合格したが、アメリカにはちょんの間が無いという理由で、華麗にスルー。

    シャレで受験した国家一種は、一夜漬けであっさり合格するも、一日も早いタイ駐在を希望し、上級国民へのパスポートを袖にして、海外駐在目当てで民間企業に就職。

    なれど、上司にその異様な性癖を見抜かれ、「こいつだけはタイに行かせてはならない」と、社内で "京大淫生はガチやっばい" の烙印を押され、ここで女に振られる以外では、人生初の挫折。

    しかし、京淫くんはめげなかった。

    風俗の桃源郷、タイではなく、インド、ナミビア、ベラルーシ・・・と、風俗カーストにおいては最下層と言えるような過酷な土地での任務を、次々と与えられたにもかかわらず・・・。

    普通なら、ここで自暴自棄になって、首でも吊ってしまうところ。

    ところが、素人女に関しては逆境続きとはいえ、彼は "IQ180" の天才。

    業績不振にあえぐ日本本社では、リストラ、早期退職、役員同士の反目、パワハラが猖獗を極めている状況を、地球の裏側から冷静に観測。

    会社が落ち着いた時を見計らって、フラッと帰国。

    うまく社内政治の荒波を泳ぎきり、何と、30代にして、一部上場企業の役員に収まってしまった。

    と、恐るべき天才外道、京大淫生くんの投稿と記事が、新たに見つかったので、既出の記事も含めて、ここに掲載。




    外道風呂

    epubファイルバナー_566_45

    煩悩の夕暮れ追加記事

    煩悩の夕暮れに掲載漏れがあった。漏れた記事の一部を公開。





    ・【外道者T-シャツ】2004年7月1日(推定)





    電子書籍への反映は・・・・・・

    わからん!

    そのうちやるかもしれないし、やらないかもしれない。
    つーかできないかもしれない。

    俺ももう年なので、年々月日が経つごとに、ITスキルを失なっているのだ。
    外道風呂

    epubファイルバナー_566_45

    "neguro" さんの投稿

    現在、メモリーズの方で、埋もれたり、消えてしまった、外道の投稿を掘り出している最中です。

    すると、な〜んと! こんな投稿が出てきた。

    これ無くして外道の細道は語れない、「パンちゃん物語」の作者 "neguro" さんの投稿だ。



    俺は多分、"neguro"さんとテルメでニアミスしている。
    なんだか、興奮したので、思わず "リターンズ" にリンクを貼ってしまった。

    時折、金融コラム調になる "neguro" さんの投稿は、ほとんど消滅していると思われるので、「なんだか油田を掘り当てたみたい」と言ったら、おおげさかもしれないが、「是非読者の目に止まるようにしたい」と思った次第。

    この頃のテルメって、行き遅れのBBA達がたむろしていて、あわよくば日本人の愛人に納まろうと、獲物を狙う急降下爆撃隊と化していたんじゃなかったかな・・・・、金に困っていた奴も多かったはず。

    どこかでヒロさんが、「”ここで駄目なら、パタヤしかない" と、追い詰められたお姉さん達が集っていた」みたいなこと書いていたけれど、俺は「おおぅ、言い得て妙、まさにその通り」と、膝を打った記憶がある。

    たまに若い娘もいた気がする、玉石混交だったかなぁ・・・(遠い目)
    外道風呂

    epubファイルバナー_566_45

    リンクと「外道健康相談室」

     リターンズとメモリーズ、双方のブログに、お互い飛べるようリンクを貼った。
      "Internet Archive" の保存データにも飛ぶことができるようにした。

     これで、"livedoor"、"FC2"、どちらかがブログサービスを終了しても、読者は生き残った片方から、"Internet Archive" に保存されている、「外道の細道」に辿り着くことができる。

     こんな簡単な仕事も、未知の性病に感染し、障害者となってしまった俺にとっては大変な作業だ・・・・

     まぁ、サイアム、グレース、テルメの中ではなく、外でたむろしていた、エイズの日和見感染でお肌ジュクジュク、体液が滴っていたり、梅毒で指が腐り落ちたりしていたおねぇちゃんとハメまくっていたら、仕方ないかな。

     日本に帰国して、多くの病院で診てもらったが、どの医者も口をそろえて、「何だろうね?この性病、私にはわからない」と、あっさりギブアップ。

     ある医者からは、「あなた、よく生きてますね〜」と妙な感心をされたこともある。

     ついに、ヒロさんが生涯探し求めていた、「すんごい性病」の病原体をゲットしたようだ。

     やったぜ、イエイイエイ!!

     学生時代、〇〇大学のセックスマシーンと影で呼ばれていた俺は、日本人の彼女ができると、「避妊に一番効果的なのはこれだよ、君を守るために飲んでほしいんだ」と適当な説得工作をカマして、ピルを飲ませ、一日最低3発の生中出しを決めこんでいた。

     すると、マンコの中で数日前に射精された俺の精子が腐り、彼女は病気になり産婦人科入院。

     俺は医者から見事、「キ印」のセックスアニマル認定を受け、無理やり心理カウンセリングを受診させられ、カウンセラーからえらく怒られた。

     これが原因の可能性もあるな。

     自分の腐った精子から、トロイの木馬的な、"ウイルス"か"バクテリア"が発生して、数十年の時を経て発症・・・・うーん、なんだかサイエンスだ。

     ついでに、顔面騎乗位で数多くのマンコを舐め回していたら、頚椎が削れてしまい、鞭打ちコルセット無しでは生活できなくなった。

     と、話が飛んで、何が言いたいのか自分でもわからなくなったが、「外道の細道」の消滅リスクが多少減ったとだけ、みなさんにお伝えします。
    外道風呂

    epubファイルバナー_566_45

    新企画開始!!

    FC2で、新企画、「外道の細道 メモリーズ」を開始しました。

    → 外道の細道 メモリーズ ←

    ↑こちらへどうぞ。

    中身は見てからのお楽しみ。

    まぁ、何といいますか・・・・・
    初期の外道は、無茶苦茶ヤバい情報を掲載していたことがわかりました。

    当然、該当箇所は伏せるか、削除するしかないのでしゅが、はい。
    残念ながら、皆さんの目に触れることはありません(なら言うな)。

    なお、死に損ないの管理人には、もはやコメント管理する気力もスキルも無くなっているので、コメント欄は閉鎖しております。ごめんちゃい。

    また、常連投稿者さん、外道貴族を自称されている方々のために、投稿者別に記事をカテゴライズいたしました。

    かつての、恥ずかしい自分と向き合うもよし、昔に比べ衰えた性力に嘆くもよしです。

    「余計なことしやがって(怒)!!」って人も中にはいるかもしれませんが、そんなこと管理人の知ったことではありません。

    私はけぇぱぁくだぁ


    P.S.自己紹介がわりに、好きなバンドを載せとくぜ、これで私が誰か、わかる人にはすぐわかる。

    David bowie
    T・REX
    Boom town rats
    Ramones
    Led Zeppelin(カシミールのみ好き)
    Elvis Costello
    Pink Floyd(原子心母のみ好き)
    Deep Purple
    The Clash
    レッチリ
    忘れちゃいけない、"Sex Pistols"

    邦楽は"BOØWY"と"ジュリマリ"しか聴かない。
    "B'z"なんて大嫌いだ。
    10代の頃は氷室のライブに同伴して、全国を駆け巡った。

    産業ロック世代だけど、あまり影響受けなかったかなぁ。
    "Chicago"と、"Kenny Loggins"をたまに聴くぐらい、以上。
    外道風呂

    epubファイルバナー_566_45

    祝!! 外道の細道20周年!!!

    かの松尾芭蕉は、求道の思い募って各地を旅したといいます。

    私もまた己の道を求めて世界各地を放浪し、ついに己の求める道を見つけました。

    それは”外道”です。

    我々日本人は、なにかにつけ柔道・武士道・茶道などと自らの主義や主張・嗜好などを、自らの生きる道しるべとして道を付けてきました。

    私もまた愛と自由を求めて試行錯誤の結果、真の愛と自由のためには、人の道をも踏み外さざるをえないことに気付きました。

    ここに私は外道の道を開き、煩悩のままに生きることを神仏に誓います。
    (1999年8月20日 外道 紘)

    --------------------------------------------------------------------

    タイ風俗といえば・・・2000年〜2012年の間であれば、100人中100人がこの言葉を思い浮かべたであろう、「外道の細道」。

    管理人、外道 紘尊師がお隠れあそばされて7年の月日が経ったが、喜ばしいことに「外道の細道」は開設20周年を迎えた。

    バンザイ!

    「外道の細道」初期の投稿と、現在の掲示板、ブログに書かれている内容を比較すると、なんだか時の流れと共に、外道っぷりが、出したてのザーメンのごとく生ぬる〜くなっているような気がするが、これもインターネットによる事前情報収集のなせるワザかもしれない。

    その先駆者が「外道の細道」だ。

    まぁ、とにかく、あれから20年が経ったということを素直に喜びたい。
    ところで、キンナリーの娼館ってまだあるのかな?また行ってみたい。
    外道風呂

    epubファイルバナー_566_45

    【2019年7月16日】ウゲゲゲゲ

    外道者の皆様、お久しぶりです。

    全身の神経痛で帰国した外道邦です。

    この度、晴れて身体障害者2級に認定され、小銭程度ながら、年金までいただく身になりやした。

    ただ、単身でのタイ住まいはおろか、タイ行きすら叶わぬ嘆かわしい状況、、、ああ、おマンコしたい。


    と、いうことで、このブログも、まともに更新することはできないのですが、まもなく、「外道の細道」開設20周年と、おめでたい(?)記念日を控えていることですので、「外道の細道」に掲載された情報をカテゴリーごとに分けて、電子書籍として読むことができるよう epub ファイル化する作業を進めていこうと思います(これぐらいならできる)。

    電子書籍は → こちら ← から


    では、今後とも、無責任に超不定期更新な「外道の細道リターンズ」をよろしくお願いいたします。
    外道風呂

    epubファイルバナー_566_45

    【2018年3月15日】熱心にコメントをくださった、おじいさん、そして、読者の皆様へ

    おじいさん、おはようございます。
    長い間、コメントに返信できなくてごめんなさい。

    実は、1月の中旬に、年中クソ暑いはずのタイに襲来した、寒波の影響からか、持病の神経痛がどうにもならないほど悪化し、両手がほとんど動かせなくなってしまいました。

    この記事は、ブログの最終更新のつもりなので、なんとか、歯を食いしばって、記事を書いております。続きを読む>>
    外道風呂

    epubファイルバナー_566_45

    【サムのタイ日記】10月9日 ドンムアン空港に着いたのは、タイ時間の2:45・・・(3)

    とりあえず着替えて、荷物を解くと時計は17:00、まずは、軽く飯だねw

    しかし、このホテルはかなり失敗でした。
    サイアムの近くなんだけど、伊勢丹もMBKもぜんぜん遠いでやんの。

    まずは探検したいところだが、自分の泊まってるホテルのレストランを除いておかないとネ。

    ホテルの脇のエスカレータで、3Fにあるタイスキレストランへ行って見る。

    まだ、時間的にも早いので、軽く食べようという事で豚バラ掛けご飯を注文した。

    90Bだったのだが、日本の感覚だとかなりお徳に感じる(でもタイだと高いね)。

    量はすこし少なめだったが、熱々で美味しかった。

    部屋で一休みした後、早速出撃!だね。

    ネットで前もって色々調べていたので、行きたいところはもう決まっていた。

    ホテルの玄関でタクシーを捕まえて、ナナプラザへGO!

    15分ほど走ったところで、ここだと運チャンに言われて路地を入ってみると、そこがナナプラザだった。
    コの字の型の建物に、真中がバーカウンターのようになっていて、建物の中にゴーゴーバーがあるみたいだ。

    ネットで下調べをしていったのでとりあえず、おすすめになっていたレインボウへ突入。

    あれ?全然女の子いないじゃん・・・・・マジっすか?

    スタッフが近寄ってきて、「時間が早すぎるから、21:00頃おいで」って言われてしまった。

    確かに、まだ19:00だもんね・・・・しょうがないか。


    読んだらクリックしてね!!!⇒にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
    こちらもしくよろろ〜!!!!!!⇒
    外道風呂

    epubファイルバナー_566_45

    【サムのタイ日記】10月9日 ドンムアン空港に着いたのは、タイ時間の2:45・・・(2)

    何てことを考えてるうちに、全員そろってバスへ

    バスの中では、どうやらこれからこのままバンコク市内の観光と、夜ご飯の事を説明してました。
    しかし、早速俺は「パスしてもいいんですか?」って聞いちゃいました。

    添乗員の話では構わないとのことでしたが、周りのオジさん達は、不思議がってました。
    なんでこんなオヤジ軍団と、行動をともにせなならんねん・・・・

    という事で、とりあえず、俺のホテルに送ってくれるとのこと、そんでチェックインしたらバイバイで自由行動です。

    バスの中では、一人出来てるのは俺一人だったので、オジさん達から、物珍しげに色々聞いてきます。
    「英語は出来るのか」とか、「バンコクは何回目だ?」とかうるさい!

    っての、このようなオジさん達と団体行動なんてまっぴらごめんです。

    しかも、言うに事欠いて、一人のオヤジが

    「一人で行ったらぼられるよ、こっちに来れば良いとこにも連れて行ってくれるからさ」

    「そうそう、今、値段とかも交渉してるし、君も女の子とかいるところに行くんでしょ、こっちに来なよ」

    とかぬかす始末・・・・この人達、きっとおのぼりさんの旗を立ててソープとかにいくのかしら

    マジですか?

    イヤすぎる!

    誰が一緒に行くかヴォケが!

    あんた達の同類と見られたらかなわんわい!
    だから、俺は一人で行動するんじゃ!

    結局、俺はやはり一人で行動する事にして、チェクインが済んだら、添乗員さんに明日のアユタヤ遺跡観光を申し込んで、添乗員さんと分かれました(ちなみにオジさん達は、だれも申し込んでなかった・・・・)

    ホテルは、サイアムのソルツインタワーだった。
    ロビーは結構広くて立派だった。

    部屋もかなり広くて、バストイレを除いても、16畳くらいはありそうだ。
    ベッドはキングサイズのダブルで、3人くらい寝れそうだ。


    読んだらクリックしてね!!!⇒にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
    こちらもしくよろろ〜!!!!!!⇒
    外道風呂

    epubファイルバナー_566_45

    【サムのタイ日記】10月9日 ドンムアン空港に着いたのは、タイ時間の2:45・・・(1)

    成田を22:00ちょうどの飛行機に乗り、タイのドンムアン空港に着いたのは、タイ時間の2:45・・・
    風の影響で少し遅れたのだが、6時間45分のフライトだった。

    入国手続きや両替で少し手間取ったが、なんとか無事にバンコクに着きました。

    この時の両替レートが、10000円で3650Bだった、とりあえず20000円ほど両替して、空港のロビーに出た。

    今回はパッケージツアーで来たので、お迎えが来てるはずなのだが・・・・
    すぐに見つかって、その人達と合流するも、まだ出てきていない人がいるらしく、しばしの待ち時間。

    今回の旅行は、5年勤めていた会社を辞めてしまって、次の会社に入社するまでのお休み期間を利用してきています(次の会社の出社日まで2週間取りました)。

    なんせ、辞める時の選別に旅行券を希望したので、85000程選別で貰っちゃった。

    出発1週間前に近ツリで予約して、延泊・一人部屋料金を加算して、占めて92000円なり。

    この時の会社は結構無茶苦茶で、辞める時も結構揉めたりしたけど、そのストレス発散もかねてのタイ旅行です。

    お金も15万ほど用意して来たし(なんせ旅費がほとんど浮いたので)、気分は既にスーパーサイヤ人です。やーーーーーーってやるぜ!


    読んだらクリックしてね!!!⇒にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
    こちらもしくよろろ〜!!!!!!⇒
    外道風呂

    epubファイルバナー_566_45

    サムのタイ日記、外道紘さん はじめに

    仕事を辞め、しがらみを捨てて、はじめてタイに来たサムさん。
    彼を待ち受けるのはどんな出来事なのでしょうか?

    感動と官能がないまぜになった旅日記!

    まだ、タイに来たことのない人も、この日記を読んで、邪な期待をめぐらせよう!!

    読んだらクリックしてね!!!⇒にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
    こちらもしくよろろ〜!!!!!!⇒
    外道風呂

    epubファイルバナー_566_45

    【外道日記、ROAD TO GEDOH キックを蹴り下ろせ】外道紘さん

    オレがロード(旅)に出ることにしたのは、知人のハングルM家の家庭崩壊がきっかけだった。

    ハングルMは、タイに填った若い日本人にありがちなパターンで、タイ女性を女房にしていた。

    離婚・蒸発・慰謝料・養育費・裁判・弁護士等々・・・悲惨なニュースしか耳にしない、日本人男性とタイ女性の結婚が多いなか、ハングルM家は”愛しているなら拳で示して”を標語にしているとしか思えない、セックスとバイオレンスに満ちた家庭ながら、何とか存続していた。

    二十代前半に、頭が空のままのぼせ上がって結婚してしまった二人は、その夫婦喧嘩からして微笑ましく、ハングルMは真夜中過ぎに電話をしてきては、「ヒロさん聞いてくださいよー!ウチの嫁がフェラチオしてくれないんですよー」電話の後ろでは、奥さんの罵声と嗚咽が聞こえる。

    ・・・こいつは、一体何を訴えたいのだ?

    オレは眠気と馬鹿馬鹿しさに耐えながら、「ウンウン、それは君がクン二をしてあげないからいけないのだ。もう一度最初からやり直しなさい」などと、いい加減な答えを与えて電話を切るのが常だった。

    三十過ぎても独り者のオレは、正直この馬鹿夫婦が羨ましかった。

    若いけど曲がりなりにも家庭を持ち、二人で人生を築いていこうとして一生懸命だし、彼等の一人息子はまだ2歳にもならないカワイイ盛りだ。

    家庭を持ったことのないオレにとって、このハングルM家は、心に安らぎを与えてくれる癒しの場だった。

    何時までも、このまま続いて欲しかったのだ・・・。
    続きを読む>>
    外道風呂

    epubファイルバナー_566_45

    【外道日記、さようならバンコク、さようならビタミン剤】外道紘さん

    5月のある日、オレはついに日本に帰国することに決めた。

    理由はっきりとしていた。
    情けないことにオレは30過ぎにして、ビタミン剤にはまってしまい、単なるポン中になってしまったのだ。

    昨年暮れのノックとのビタミン剤ファック以来、オレとノックはすっかりその虜になってしまっていた・・・。

    この様な行為が良い結果を生むわけはなく、オレは仕事をサボりがちになり、友人は離れていき、社長Mにいたっては、「ケッ!ポン打ちなんぞになりやがって、とっととくたばれ」と罵ってオレを避ける・・・。

    ノックは、パトロンに対してのファック拒否という、致命的なミスを犯してハゲに逃げられ、再びタニヤへと舞い戻っていった。

    だが、二人とも悪運は強いようで、オレは仕事を首にならず、何時もなにか上の空で疲れたような表情を見せるオレに、上司や同僚は心配してくれ、「どうした?少し日本で休んできたらどうだ?ちょうど研修があるから2~3ヶ月だけど行ってみるか?」と、言ってくれるのだった。

    ノックもすぐに新しいハゲを生け捕りにし、また店に出ずに済む身分となった。

    新たにつかまえたハゲは某邦銀勤務。

    日本国内をその賛否を巡って沸かせた、金融機関への公的資金導入は、巡り巡ってバンコクに暮らすイカレ達をも救済していた。
    続きを読む>>
    外道風呂

    epubファイルバナー_566_45
    アクセスカウンター     (ユニークユーザー数)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスカウンター     (アクセス数)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    【泰淫歴】2018年
    外道為替
    さあ「いいね」を押すのだ!
    バンコクポスト ツイッター
    Google translate
    トップページへはこちらから
    外道記事検索
    タイ・ニュース RSS
    メビウスの輪(外道恋愛小説)
    外道の細道を電子書籍で読む
    外道図書館バナー
    カテゴリー
    QRコード
    QRコード
    月別アーカイブ
    外道天気予報
    最新コメント