どこの店でも特別待遇を得るには上客になるしか手はない。
上客になるための唯一の方法は、ひとえに、金を使うことである。

貢献度が低い=通ってる頻度が低い=落とす金がしれてる+チップがしれている御仁は並の客であって、売れ残りのカスを推薦されるくらいがオチである。
単なるカモの客に近い。

コンチアからVIP扱いされるためには、女遊びに慣れているだけでなく、他種・他店も含めてコンチアやマネージャーの人脈を知り、どの店に行っても知られている顔の広さと知己があり、「これは並の客ではない」と思わせる“重み”が必要だ。

ただ単に店で顔を覚えられている、よく行っているだけで足りない。

こちらが店のことをよく知っていて、働いている従業員の私生活、店の裏事情、遊び場の裏事情などに精通していることが必要。
狭い世界ゆえ、どこかで必ずつながっている。

バンコク市内の各所で安く抱ける娘をいくら知っていても、情報通とはみなされない。
タクシーの運ちゃん並の男だと思われるだけである。

パッポン、タニヤ、ナナ、ソイカウボーイなどの常連でもダメ。(娘は自分を買いに来る男の懐具合を熟知している。敷居を一歩間違えると、娘に煙たがれるほどである)こういうスポットは観光客&外国人相手の専門街というべきで、タイ人の遊び場ではない。

500バーツの娘を買うタイの男は、女遊びに500バーツしか使えない男なのであって、娘も自分を相手にする客をその程度だと思っている。

が、多少金があるくせに500バーツの娘を買う外国人がいて、娘がいくら騙せるかと皮算用できるような隙を与えるから、ボラれたり、盗まれたり、トラぶったりするのだ。

金がないタイ人の男を娘は騙さない。
騙す金がないからである。自明の理だ。

逆に、B200のチップで娘が喜ぶだろうと思っている御仁が、気紛れに5,000バーツの娘を相手にしても面白くない経験になるはずである。

どうやら、娘の値段とサービスは反比例するような気がしないでもないが、値段の違いは娘の美人度というより、相手にしている客層と売る“もの”の違いだと思う。

どこにでもいるB1,000の娘をタイ人の金持ちは相手にもしない。

金持ちはセックスの満足を得るために遊んでいない。
それだったら、いつでも、いくらででもできる。

B1,000の値札がついているから買わないのであって、B5,000の値札がつく娘しか相手にしようとはしない。
それ以外に理由はない。無趣味なのである。

一般的に金持ちはあまり美人でなくてもスタイルがよくて色白の娘を好むから値札が高いだけであり、娘の方も簡単に稼げるからサービス自体が悪くなるのである。

B1,000の娘がB5,000の値札をつけないのは客が買ってくれる自信がないからで、サービスがすこぶるいいのは、それ位しか売るものがないからであり、年齢も高め(若年で無知だから自分を高く売ることを知らないだけというのもいる)であり、容姿もかなり落ちて(小柄で可愛いだけの娘はタイでは高い値段で売れない傾向がある)、安い値段でそこまでしないと金を稼げないという先入観で覚悟を決めているか、特定の店で一定時間働かされるのが億劫か、いずれかである。

値段の違いはそんなもんだ。

「絶対、この男を捕まえてやろう」という下心がある計算ずくの娘は、高くてもサービスがいいことがある。

また、娘が個人的に男に興味がある場合は金額の問題ではなくなる。(ただし、娘が惚れていると早合点しないほうがいいが)

安かろう、悪かろうという娘も勿論いる。

当たり外れの運命はごく基本的なミス(店の色の読み違い、男のマナー、過度の期待、その店の客層に当てはまらない、店や娘に見合った客の経験、遊びのマナー)が原因かもしれないから、数回行っただけでは分からないのが普通である。

その店の特徴を楽しめばいい。

何はともあれ、経験を積んで場数を踏むしかない。



余談になるが、かれこれ20年近く前のMPは、年齢に関わらず、玄人然としていてサービスがいい=何でもさせる覚悟ができている娘が高い値段で、若く素人っぽい=この仕事に日が浅い娘は値段が安かった。

ペッブリーのMPは値段が安い上に未成年の宝庫で、現在のようにババアが安い値段でサービス良く尽くしてくれるというようなところではなかった。

一流のMPは若年の娘がいない代わりに、客のあらゆる求めに応じるプロに徹していたものである。
現在はサービスが悪くとも、若くてきれいというだけで値段が高いのが普通になってしまった。

ペッブリーの未成年MP嬢でも、要求をすれば一生懸命に客を満足させようと努力したものである。

今の娘のように、それはダメ、これはダメなどと言わなかったものだ・・・今昔の感がするが、これも仕方がないところか。


MP嬢の裏事情、2009年1月24日


にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ