痛恨のペッパーランチ

バンコクにあの監禁強姦事件で名高いペッパーランチがオープンしたと聞き、早速ヒロポン軍曹と共に犯されに行った。

場所はあの伊勢丹が入っているセントラルワールドビル6階。
内部は入り組んでいて分かりにくい。

お上りのようにオヤジ二人で迷いながらたどり着く。
店内は明るくファーストフードのようだ。・・・と思っていたら本当にファーストフードだった。

マックのようなセルフサービスでカウンターに並んで注文、先払い、ステーキとは思えない早さで店員がテーブルまで持ってきてくれる。

最初そのことが分からず、ずっとテーブルで注文取りに来るの待っていた。
単なる田舎モノのオヤジ達になっていた。

こうしたことが先天的に苦手なヒロポン軍曹は、オドオドしまくり。
「まさか、料理取りにいかにゃあならんのではないでしょうね?」

「そこまで言わないだろ」

軍曹はタイ語が流暢だが社内研修でそう言われているのか外国人に対する対応はすべて英語。
反対に軍曹は英語が苦手なので憤慨している。

店内のモニターには売りの『ペッパーステーキライス』の食い方説明ビデオが流れている。
食い方まで説明されなければ分からない高級フランス料理のようだ。
食い方はビビンバのようにグチャ混ぜでにして食うのが正しい食い方のようだ。

軍曹は強姦事件のことを知らず、食い方までビビンバ風なので、これは大阪発祥のチェーンだと言い張る。

オレが強姦事件は大阪の店だと言ったのが影響しているようだ。
どのみちオレ達には分からない。

オレは一押しのペッパーステーキライス、軍曹は特選ステーキセットだった。
ステーキにコーラにご飯にみそ汁・・・何料理なんだ?

まあ、味さえ良ければいいかと思ったが・・・いま三つぐらいかな?

オレは150B程度だからまあいいけど軍曹は450Bも払っているので怒りが収まらず。

「また関西人に騙された。こんなもん食ってるから強姦はされるし、関西人なんかになっちゃうんだ!」
と怒りを隠そうともしない。

もはやオレ達の中では

ペッパーランチ=不味い=強姦=関西人

のラインが強固に張られた。

新しいモノや外国から来たモノに無条件で弱いのは日本人もタイ人も変わらない。
店内は若い子のグループやカップルが大半を占め、オヤジ二人で怒りながら飯食ってるのはオレ達だけだった。

部屋に帰ってネットでペッパーランチを検索。
発祥の地は・・・ぜんぜん関西ではなかった。ゴメン関西人達。

ボロクソ言ってしまった。

不味かったがヒロポン軍曹と共に関西人の悪口を思う存分ぶちまけたので気分は晴れた。


外道の細道、2007年12月22日


にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ