帰ってきたターザン

先週、ヒロポン軍曹とのグッタリサウナの帰り道、近所の高架下を通った。

『ターザン見かけませんね』
ターザンとはこの高架下に住む乞食のことだった。

今の日本でホームレスなんか妙にこぎれいで気にくわないが、このターザンは正真正銘、正統派、乞食原理主義者だった。

頭髪は当然ナチュラルドレッド。
ラスタファリズムを信仰されている。

着衣はこれも自然派を主張しているのか手ぬぐい腰巻き状態で、前からは亀頭露出、後ろからは半ケツというターザンスタイルだった。

いつからかオレたちはターザンと呼んでいた。
それがだ・・・年末から急に姿を消してしまった。

『どうしたんだろうね?お巡りにでも捕まったのかな・・・』

『年末冷え込んだでしょう・・・天に召されたんじゃないっすか?』

『冷え込んだってっ言ったって此処はタイだぞ』

『イヤ、あの格好だし、カラシンでは5人も凍死したっすよ』

『たぶんお巡りに捕まって施設に放り込まれたんだろ。悪気はなくとも普段着で露出狂だ』

オレたちは勝手な推測をしつつも近所の名物変態ターザンを心配していた。

今日、高架下を通りかかった。
前方に言い訳できない変態スタイルのオヤジが歩いている。ターザンだ!!

相変わらず上半身裸で半ケツのナチュラリスト乞食だったが、やっぱり施設送りだったと見えて頭は丸坊主。
長髪をいきなり刈ると太ったように見える。

施設でまとものモノを食ってしまったのか本当に少し太ったのかもしれない。
汚いフビライハン・・・というかオレの知り合いの筋彫り大魔王似になっていた。

前と同じように意味無くにやけて鼻歌を歌っている。
ご機嫌のようだ。

懐かしい友が帰ってきた・・・少しオヤジになって。

すれ違いざまに
『老いたなターザン』
と言うと

ターザンは手を振ってこたえた。
元気でよかった。

外道の細道、2010年3月10日



にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ