毎年恒例赤服参上!・・・は思った通り長期化してしまった。

口喧嘩ばっかり達者で、実際に戦が始まると雪崩を打って潰走、が得意技のタイ人の権力闘争はなかなか手を出さない代わりに全然解決しない。

デモ隊も権力側も思いっきり優柔不断で、アピシットに至っては、ヘリでどこかに逃げてしまい帰ってこない。
首都が危機に瀕しているのに、真っ先に首相が逃げてどうするか?

他の国ではとても考えられないことだがタイでは普通の行動。
ソムチャイの時も北に逃げて帰ってこなかった。

国家が重大な危機に直面した場合、最高責任者たる首相は必ず逃げる・・・書いていてイヤになってきたが、これがなんだか普通なんだよねタイでは。

首相に限らずタイ人は必ず逃げる。
交通事故が必ずひき逃げ・当て逃げになるのもタイの特徴だ。

どうゆう理屈か理解できないが、この行動に関して一般タイ人からの批判はない。
当然と考えているようだ。

田舎からトラック連ねてバンコクに来たはいいが、振り上げた拳の落とし所が無くなり、なんだか今一盛り上がりに欠ける赤服軍団。

首相なのに国会に帰れなくなってしまったアピシット。

警察と軍はデモ隊排除に手を貸すと非難されるし、万一将来のタクシン復権があれば間違いなく報復人事の嵐なので腰が引けている。

まあなんとも格好の悪い人達ですな。
タイ的な緩さで混乱は長期化間違いなし。

きりがないので赤服関係のニュースをサイトトップに掲載するのは今週末でやめる。

外道の細道、2010年3月28日



にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ