【外道の細道】『煩悩の夕暮れ』リターンズ


本ブログは、2012年3月15日にお亡くなりになった「外道の細道」管理人、故外道紘さんの
まとめブログです。本ブログは、『The Internet Archive』からデーターを復旧しております。
本ブログは、オリジナルの「外道の細道」及び、その関連サイトとは何ら関係がございません。
本ブログ以外の「外道の細道」に関係する事象には、一切お応えすることができませんので、
ご了承ください。(2016年6月15日 外道 邦)

google_translate

南部永久不浄の旅_バナー

2000年11月

【2000年11月10日(推定)】パッポン学校、Sさんからの情報

1950年のシーロム

【外道紘さんコメント】
Sさんからメールでパッポンについて教えてもらいました。ウーン、勉強になるなー



【パッポン物語】
パッポンの名前と評判は、みんな知っている。
バンコク第一の歓楽街、また世界でも知られた赤線地帯である。

しかし、ほとんどの人は、その名前がどのように付けられたかを知らない。
パッポンを作り、有名にした、中国系タイビジネスマンのパーソナルヒストリーを...。

この物語の主人公である、ウドンパッポンパニッチは、前月の10月始め、79歳でバンコクホスピタルで亡くなった。

彼は巨万の富を稼ぎ出す帝国を残した。
それは、今彼の家族たちに引き継がれ経営されている。

彼の死は、パッポンの終焉の始まりだろうか?
はたまた、より発展するために、運命づけられたものなのだろうか?

今、バンコクを訪れる、ほとんどの外国の人たちは、自分の希望に関係なく、観光場所に組み込まれているせいか、一度はパッポンを訪れる。

そして、夜には何百万バーツのお金が、たくさんの露店、カウンタバー、レストランへ流れて行く。
もちろん、売春にも...。

パッポンでは、セックスが売られている。

しかし、その前に、食事代、酒代、ダンス、ロックミュージック、ビデオパーラの代金が、補助経費としてかかっている。
この儲けは大きい。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【2000年11月4日】パッポン、外道紘さんからの情報

KC3、パッポン1の人気店になってしまった。

その理由も納得できるほどカワイイカマの洪水・・・この日ほどホモが羨ましいと思えた日はない。

外道忸怩たる思い・・・。


外道の細道、パッポン、2000年11月10日

読んだらクリックしてね!!!⇒にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
こちらもしくよろろ〜!!!!!!⇒
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【2000年11月2日】パッポン、NAO0013さんからの情報

10月13日、0時過ぎに、ナナで見つけた女の子と一緒に、KC2へ行きました。

僕が座った両側に、日本人客2人組が、コーラをねだられていた。

しばらくして、連れの女がいるのにもかかわらず、僕もコーラ攻撃された。

また、何も言わずに、僕のタバコを勝手に吸っている。

見かねた連れが、もう出ようというので帰りました。

僕にはやっぱりナナがあっていると思った。
あと、この日(時間)はあまり可愛い子はいなかったです。


外道の細道、パッポン、2000年11月10日

読んだらクリックしてね!!!⇒にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
こちらもしくよろろ〜!!!!!!⇒
外道風呂

epubファイルバナー_566_45
アクセスカウンター     (ユニークユーザー数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター     (アクセス数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【泰淫歴】2018年
外道為替
さあ「いいね」を押すのだ!
バンコクポスト ツイッター
Google translate
トップページへはこちらから
外道記事検索
タイ・ニュース RSS
メビウスの輪(外道恋愛小説)
外道の細道を電子書籍で読む
外道図書館バナー
カテゴリー
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
外道天気予報
最新コメント