【外道の細道】『煩悩の夕暮れ』リターンズ


本ブログは、2012年3月15日にお亡くなりになった「外道の細道」管理人、故外道紘さんの
まとめブログです。本ブログは、『The Internet Archive』からデーターを復旧しております。
本ブログは、オリジナルの「外道の細道」及び、その関連サイトとは何ら関係がございません。
本ブログ以外の「外道の細道」に関係する事象には、一切お応えすることができませんので、
ご了承ください。(2016年6月15日 外道 邦)

google_translate

南部永久不浄の旅_バナー

2007年10月

【外道風土記、2007年10月29日】ウタラディットの真実

かつて、外道で連載した『パンちゃん物語』のパンちゃんはタイ北部のウタラディット出身であった。

ネグロさんが執筆したこの連載の反響は大きく、初期の外道に大いに貢献してくれた。
オレはいまだに第二のネグロさんを探している。(なかなかいない)

最終回でパンちゃんは上辺ばかり華やかなバンコクの花柳界から身を引き故郷のウタラディットに帰って行った。
そこで物語は終わっている。

今回赤ハゲ先生の実家ジュラ紀の里に行くとネグロさんに話したところ、ついでにウタラディットに行って写真を撮ってきてくれとの依頼を受けた。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2007年10月19日号

宇宙に行くのは簡単でも、母なる地球に帰るのは困難を極めた。

すまない、またバックリ廃人でした。

極まったまま、TVを見ていると必要以上に集中してしまうので、ケネディーの演説にはまってしまった。

ウーン・・・こいつは天才だな。

言葉の効果と使用法、それば他者に与える効果を知り尽くしている(きっと文章を書いても名文家だったろうと思う)。
当然、その志や実行力についても、卓越した人物ではないと、こうした言葉は力を持たない。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【外道風土記、2007年11月30日】【外道(泰国)風土記】日本シリーズ 最終戦

なんだかんだで日本に住まなくなって20年になる。
その間短期の帰国はあっても日本に腰を据えて住んだことはない。

今回の帰国でオレが強く感じたのは『オレはもはや日本人ではなくなった』と言うことだった。

20年の歳月は馬鹿に出来ず当たり前と言えば当たり前だが、その現実を素直に受け止められるようになった。

皆は海外に出たときこう感じることが多くありませんか?
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【外道風土記、2007年11月30日】【外道(泰国)風土記】日本シリーズ vol.6

法事

そうだった・・・回転寿司なんか食って喜んでいたが、今回の帰国の目的は法事だった。
オヤジ死んでまでしつこいぞ。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【外道風土記、2007年11月30日】【外道(泰国)風土記】日本シリーズ vol.5

追憶の日々

オレは今回の帰国で自身のショボイ足跡を辿ってみたくなっていた。

それだけ年を食ったと言うことだろうが、冗談でなくこの機会を逃してしまうともう二度と生きてはその地を見ることが出来ないかもしれない。

大げさだが外国に暮らすオレにとってはまんざら嘘でもない。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2007年10月12日号 【外道(泰国)風土記】日本シリーズ vol.4

SFのような回転寿司

日本訪問でオレが楽しみにしていたのは回転寿司だった。

昔は回転寿司と言えば新橋とか御徒町とかでオヤジが肩を丸めて卑屈に食う寿司と決まっていた。
知らぬ間に回転寿司は市民権を得ていた。

郊外型とかで駅前ガード下の店は激減し車でしか行けないような国道沿いに出店している。
それも大型店だ。

どおりで武蔵野の強姦魔ときどき骨董品屋の名を欲しいままにするポンポコ堂が詳しいわけだ。

オレはネットで回転寿司屋を探した。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【外道風土記、2007年11月30日】【外道(泰国)風土記】日本シリーズ vol.3

女子高生はAVに限るの

千葉や千住の女子高生は酷かった・・・なんでお前がそんな制服着るんだ無礼者め!
そんなブスばかりだった。

滞在3日目に入りオレは渋谷に行った。目的は女子高生見学。純粋なオヤジらしい渋谷訪問だ。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【外道風土記、2007年11月30日】【外道(泰国)風土記】日本シリーズ vol.2

スイカを買う

ICカードっていうんですか?
アレですよアレ。

日本に住んでいる皆さんにはなんの変哲もない日常でしょうが、オレにとってはTVでしか見たことがありません。
自分で買ったことはなかったのです。

日本に帰ることはあっても滞在はせいぜい数日なのでそんなものは買ったことがなかった。
今回はそれを買ってみたかった。

あんまり必要はないがポケットの中が小銭でジャラジャラになるのはイヤだ。

続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【ナナプラザ、バービア】2007年10月5日

外道ヒロからのオブセッション前のバービア オバサン情報:ネグロさんがオブセッションのカマをぺーバーした後、オレ達はすぐ前のバービアでネグロさんを待つことにした。しかし、よっちゃんはマッサージ屋の女をブッキングしていたことを思いだし、ヒロポン軍曹はRちゃんからの2度目の電話にあわくって帰った。一人ネグロさんを待っているオレは暇なのでバービヤ女でも・・・と思ったが、ここはナナ一酷いバービヤだった。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2007年10月4日号

知り合いから大量のイカの塩辛をもらった。とても食いきれないのでヒロポン軍曹にやった。奴はこうしたジジ臭い食い物が好物だ。しかし、さすがの自衛隊も大量の塩辛に困ったようだ。イカの塩辛は普段ショボイビン詰めで売られている。実は生ものの塩辛はあれぐらいの大きさで丁度いいのだ。腐る前に食ってしまおうと軍曹は考えた。男の料理趣味ならぬ自衛隊の野戦食演習だ。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2007年10月2日号 【外道(泰国)風土記】日本シリーズ vol.1

最低なコンディションであった。およそ旅のはじめににはふさわしくないことに4連続徹夜明けの出発だった。

こんな事になったのは言うまでもなくアナル山本との根性焼きのようなビタミン剤合戦の結果だ。
やってはいけないと分かっていながらやってしまう・・・

出発1時間前まで炙っていたせいで飛行機の中では皆寒くて毛布をかぶっているのにオレだけ汗ダラダラ・・・
いけない汗を流していた。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2007年10月01日号(推定)

なっちゃんの学校に行った。
学校と言っても保育園、託児所だ。

最年少はとんでもないことに、生後二ヶ月なんてのもいたが、これはほとんど置物状態だった。
大体1~3歳のガキが集められている。

自分自身のこれぐらいの頃の記憶はほとんど無いが、かすかな記憶に毎日虐められ泣かされていたような気がしていた。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45
アクセスカウンター     (ユニークユーザー数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター     (アクセス数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【泰淫歴】2018年
外道為替
さあ「いいね」を押すのだ!
バンコクポスト ツイッター
Google translate
トップページへはこちらから
外道記事検索
タイ・ニュース RSS
メビウスの輪(外道恋愛小説)
外道の細道を電子書籍で読む
外道図書館バナー
カテゴリー
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
外道天気予報
最新コメント