【外道の細道】『煩悩の夕暮れ』リターンズ


本ブログは、2012年3月15日にお亡くなりになった「外道の細道」管理人、故外道紘さんの
まとめブログです。本ブログは、『The Internet Archive』からデーターを復旧しております。
本ブログは、オリジナルの「外道の細道」及び、その関連サイトとは何ら関係がございません。
本ブログ以外の「外道の細道」に関係する事象には、一切お応えすることができませんので、
ご了承ください。(2016年6月15日 外道 邦)

google_translate

南部永久不浄の旅_バナー

2009年02月

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2009年2月25日号(推定)

長く、コンビニ真空地帯であった、オレの部屋の近くに、セブンイレブンが出来た。

そのせいで、朝のお散歩が習慣となった。
たばこを買いに行くついでだ。

極めて近所でありながら、徒歩で行かないと気づかない店が多い。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2009年2月21日号(推定)

だれた男の簡単料理 ネットとは便利なものだ。 オレも知らぬうちに辞書を引くのではなく、グーグルに打ち込むのが普通になった。 とはいえ、ネット上にない情報はどんな事にしても知れないのだが・・・。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2009年2月16日号(推定)

バレンタインの夜

まあ罪作りな日だが、オレとヒロポン軍曹、アナル山本のオヤジ3人は容赦なく開店記念半額セール「大和レストラン・中トロ定食・爆食・実行部隊」と化した。

まったく、いけてないオヤジたちだ。

ヒロポン軍曹に至っては、『自分は仏教徒です。バレンタインは関係ないのであります!』などと苦しい言い訳。一層わびしい。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2009年2月10日号(推定)

卵かけゴハン屋さんと言うものがあるそうだ。なんだかわかるような、わけわかんないような商売だ。あれぐらい家庭の外にでない飯は無いと思っていたのに。卵かけゴハンがれっきとした商売として成り立つなら。オレの好物であるネコマンマ屋さんはなぜ無いのだ?続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2009年2月5日号(推定)

前になぜ高級官僚は天下りするのか?と書いたことがある。読者からの返信で天下りしない希有な人もいることを知った。しかし、それはどうも例外中の例外、よっぽど珍しいのか注目を集めたようだ。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【外道風土記、2009年2月3日】英霊の御霊眠りしチンコの杜

まず最初に謝っておきたい。

戦没者遺族の皆さん、右翼の皆さん、国粋主義者の皆さん、オレは単なるエロサイト運営者で、これを公開しているのは、くだらない下劣なエロサイトです。

マジにとらないでください。
オレはもちろん相手にするに足りない最低な人間です。

どうも、右翼と遺族ぐらい冗談が通じない相手はいないので、初めから土下座だ。
書き終わった後、恐ろしくなってこの一文を冒頭に挿入することにした。

本題に入ろう。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【MP嬢の裏事情 YoungBoggyさん】総論

こういうことを承知の上で遊んでいると、タイ娘のやることなすこと見透かすことができて、裏を読んで行動できるようになる。
窮することも減る。

誤解は無知からも起こる。
腹立ちは無理解からも生まれる。

深く理解すればどんなトラブルもある程度は事前に回避できるようになる。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【MP嬢の裏事情 YoungBoggyさん】素人と玄人

素人と玄人をどこで線引きするかはかなり難しい。

殊にタイ娘の場合、その境界線は微妙なものである。

例えば、店内で働いている給仕娘(デックサーブという)は素人だろうか。
娘によってはタダでできる場合もあるが、玄人より高い値札をつけている場合もある。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【MP嬢の裏事情 YoungBoggyさん】フェーンという存在

タイ語の『フェーン』というのは、恋人又は夫・妻のことである。
これは誰でも知っている。

が、実態を知っているかというと、必ずしも外国人には理解されていないような気もする。

これほど便利な言葉はちょっと見当たらないというくらい、男女の関係を表す言葉として、実に実態の不可解な単語である。

日本人の場合、正式に婚姻関係のある配偶者と恋人ではかなり意識の中で違いがあるが、タイ人の場合、正式な夫婦の場合もあれば、内縁の夫又は妻(つまり、正式な婚姻関係はない)の場合もあれば、同棲中の相手、同棲していない恋人、一方通行の片思いの相手や、金銭目当ての愛人、肉体関係がなくて同性愛者でもないくせに、同居している同姓の相手のことや、本物の同性愛者、セックスフレンド(この場合、『ギック』という言葉もあるが)、全てまとめてフェーンという。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【MP嬢の裏事情 YoungBoggyさん】偽の関係

スワンナプーム空港(以前ドンムアン空港でも!)に行くと、出迎え・見送りで外国人の男とタイ娘が再会・別れを演じている光景によく出くわす。

中には本物(?)の恋人同士もいるだろうが、商売女もさぞ多いことだろう。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【MP嬢の裏事情 YoungBoggyさん】本当の一般人

中には幸せな家庭を築いて立派にやっているタイ娘がいることも記しておこう。

平凡ながらそういう幸せを掴みとる女性は、よほど中身ができているに違いない。
知り合いのタイ人の娘さんに有名なビア・シンで働いていた人がいる。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【徒然外道、2009年2月1日頃】愛のフォーティーン・ライダー 投稿者:外道紘さん

それは、ある日突然かかってきた国際電話だった。

『もう我慢できないだよ 別れるだの!』

日本に嫁に送り出した、馬鹿たれインバイからだった。

『・・・アホかお前は・・・いまさらタイに戻ってどうするんだ?』

『大丈夫、私モテルだから』

『それはかつての話で、今は外見も内面もかなり痛い女だ』

『私どこも痛くない、健康だの!』

『もういい、痛いの話は忘れろ。いったい何が我慢できないのだ?』

聞いてみると二倍疲れる話だった。

我慢できないと言うからには旦那の暴力とか、浮気とかの話しかと思っていたが、我慢できないのは、子供が出来てから旦那がマンコしてくれない、日本つまんない、金持ちの国かと思っていたが、住んでみたらバイタクすらいないので歩くのがかったるい、などの脱力感充満する愚痴だった。

オレがグッタリ呆れて聞いていると、馬鹿たれインバイは宣言した。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【MP嬢の裏事情 YoungBoggyさん】娘の実態

「この娘、サービスの何たるかを知らない・・・云々」という投稿がときたまあるが、基本的に昨今のMP嬢は店のために働こうという意思はまるでなく、商売女としての覚悟もない。
店もそこまで教育はしない。
彼女たちは月給などないのだ。

誰が店の繁盛を願って働くか?・・・MPというところは、社長からマネージャー、コンチア、メーバーン(バスタブに湯を注いで道具箱を持ってきてくれるババア達)、給仕の女、従業員全員が娘が得る金を搾取し合っているにすぎない。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45
アクセスカウンター     (ユニークユーザー数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター     (アクセス数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【泰淫歴】2018年
外道為替
さあ「いいね」を押すのだ!
バンコクポスト ツイッター
Google translate
トップページへはこちらから
外道記事検索
タイ・ニュース RSS
メビウスの輪(外道恋愛小説)
外道の細道を電子書籍で読む
外道図書館バナー
カテゴリー
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
外道天気予報
最新コメント