【外道の細道】『煩悩の夕暮れ』リターンズ


本ブログは、2012年3月15日にお亡くなりになった「外道の細道」管理人、故外道紘さんの
まとめブログです。本ブログは、『The Internet Archive』からデーターを復旧しております。
本ブログは、オリジナルの「外道の細道」及び、その関連サイトとは何ら関係がございません。
本ブログ以外の「外道の細道」に関係する事象には、一切お応えすることができませんので、
ご了承ください。(2016年6月15日 外道 邦)

google_translate

南部永久不浄の旅_バナー

2010年09月

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2010年9月30日号 読者の声

映画屋さん
普通にジーンと来ちゃいました。良い話ですね。誤解かもしれないけど,途上国の方が良い意味での馬鹿が多い気がしま す。マジで夢追ってるような奴が比較的多いような。(若い頃)学生時代のタイの友達にはそんなのが多かったです。大半が速攻諦めてましたが・・・何人かはまだぼちぼちやってますね。のびた

煩悩の夕暮れ、2010年9月30日号


にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2010年9月30日号

ど腐れ外道農業 キュウリ

種まきから三ヶ月、水と太陽は十分に与えた。与え過ぎなくらいだ。毎日40度、三日に一度は冠水だ。そのせいかキュウリ君は漠々育ってシャブでもやってるんじゃねえかと思うほど成長した。茎はね・・・実が全然ならない。キュウリって果実だったのか?何年もかかるのだろうか?続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2010年9月29日号

燃えちゃったセントラルプラザが再オープンした。

しかしまあ、おっかなびっくりというか、ばれないようにひっそりとというか、タイにしては珍しいオープンの仕方だ。

普通は、無理矢理にお祭り騒ぎを作り上げ、セール、イベント目白押しで、暇なタイ人女が鬼のように押し寄せて、芋洗い買い物ビルとなる。

オレも、当然、暇なので行って来た。
妙な感じだったね。

まだ半分は修理中で入れないし、安いタレント呼んだイベントもなく、セールもない。
なにより異様なのは、開いていないテナントが多いことだ。

予想されたことではあったが、あんな馬鹿やられて火までつけられ、多くの商品はパー。
いくら保険でカバーできても、店がないのに従業員の給料はある。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【企業戦士 夜の紳士録 洗濯屋マーちゃん】感染報告

最近、ついていない。

仕事は相変わらずクソ忙しいわりに業績は上がらない。

赤字決算の株主総会を控えたお陰で、本社と株主と銀行との狭間で身を縮めて日陰街道を歩いている。

鬱積したストレスを屈折した性欲で解消しようとナークルアの置屋で○6歳の淫売を800THBで買った。

久々のツルツルのスジマンと愛らしいベビーフェイスのビジュアルにアホな愚息は硬直して喜んだ。

マンコを舐めると臭かったが、欲望に負けて生で挿れた。

嗚呼、愚息を包み込む抱擁感がたまらない。

腰を動かすと、必死に喘ぎ声を押し殺す表情がよろしい。

硬い張りのある膨らみかけた乳房も良い感じだ。

少女のエキスをタップリ吸引したかわりに、白濁液の毒素をたっぷり放出して生き返った。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2010年9月28日号

県別の魅力度アンケートをとると北関東、特に茨城がぶっちぎりで最下位だそうだ。
埼玉群馬栃木、そして大御所茨城。まあ言っちゃ悪いがそりゃそうだろうな・・・
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2010年9月25日号(推定)

流れの映画屋さん

その男に会ったのは島への連絡船の上だった。

船のエンジン音と車のアイドリングが混ざったフェリーの車庫はグワーンと言う不快な騒音が木霊し、排ガスと潮の混じった匂いも不快だった。

オレはなんとなくタバコを吸い始めた。
その男もオレと同じように船べりでタバコをふかしていた。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2010年9月23日号

思いがけずソイ15の地図をパクッてこられたので長くなりすぎたウォーキングストリートの欄を分けることにした。しかしながらオレはサッパリこのソイ記憶に無い。多くのゴーゴーやバービヤがあるようだが写真で見る限りソイというよりクソ狭い貧乏路地。何の記憶も無いのでしんのすけさんとゴーゴーバンコクさんに解説をお願いした。以下はお二人の解説を元にオレがいい加減に混ぜ込んだ想像ででっち上げた。まあ百聞は一見にしかず。自分の目で確かめろ外道平民。なに!よくわからんだと!あまったれんじゃねえ、ハゲの分際で身分をわきまえろ!!続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2010年9月22日号

ホコ天でテロ テロでホコ天?

まあなんとか赤服さん帰ってくれたみたいだね。
今回は長引かずに良かった・・・

と思っていたら、ぬか喜びだった。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2010年9月19日号(推定)

部屋は潮の香りで充満していた。
同時に貧乏の香りも濃厚にした。

アナル山本の部屋を訪れ時だ。

ドアを開けると磯の香り。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2010年9月13日号

流刑地

島流し・・・罪人を刑務所に入れるのと同じだが、どっかに閉じこめるのは金もかかって面倒だからどうしようもない離島とかに送って酷使または放し飼いにしようと言う政策だ。

日本では佐渡、朝鮮では済州島、中国では海南島だ。
まあそれぞれにどうにもならない離れ小島だな・・・。

面倒だからあそこに送ろうと考えたのもうなずけるところばかりだ。
こうした流刑政策だが、すっかり過去のモノではない。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2010年9月10日号 読者の声

8日の編集後記
本道楽って言うくらいで,読書なんて道楽なんですよね。本ばっかり読んでる人間は遊び人だったんです。外道と旅道楽,本道楽,相性は極めて良いですね。旅と女と文学。これで温泉街だったりしたら完全に文豪です笑
のびた

煩悩の夕暮れ、2010年9月10日号


にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2010年9月10日号

アナル山本寝言スペシャル

ノリの佃煮(自作)だけで三食貧乏飯を大食らいする京都の雅賤民アナル山本が、またまた現実を直視せずに寝言三昧。

関西のギャクはどのタイミングで笑えばいいのかわからず苦悩する。
あまりに貧乏なので日本に帰国すると言い出した。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2010年9月9日号

脱糞牛乳

恐怖のあまりクソ漏らした・・・みたいな話を聞いたことがある。
そんなことするのは人間だけだと思っていたら動物もそうだった。

外道モデルエーちゃんの猫は恐怖のあまりクソ漏らして転げ回り、部屋を戦場以下の状態に至らしめたクソたれ猫だ。

エーちゃん大ブチ切れ。
一時は爆竹猫になりかけた。

動物も人も同じだと言うことか。

豚野郎はあるのになんで牛野郎はないのか?
タイでは水牛野郎はあります。


煩悩の夕暮れ、2010年9月9日号

外道の細道、2010年9月9日



にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2010年9月7日号

悩むところだな・・・

闇の奥と言う本がある。
以前から読んでみたかったがタイ住まいでは全然手に入らなかった。

最近では便利になり紀伊国屋で注文すると日本から取り寄せてくれるようになった。
本当に読みたい本だけこの方法で入手している。

作者はジョゼフ・コンラッド。
すでに評価の定まった作家で、闇の奥はその代表作。

地獄の黙示録の原作だが、100年も前に書かれていて内容は地獄の黙示録とはまったく違うらしい。

続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45
アクセスカウンター     (ユニークユーザー数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター     (アクセス数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【泰淫歴】2018年
外道為替
さあ「いいね」を押すのだ!
バンコクポスト ツイッター
Google translate
トップページへはこちらから
外道記事検索
タイ・ニュース RSS
メビウスの輪(外道恋愛小説)
外道の細道を電子書籍で読む
外道図書館バナー
カテゴリー
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
外道天気予報
最新コメント