【外道の細道】『煩悩の夕暮れ』リターンズ


本ブログは、2012年3月15日にお亡くなりになった「外道の細道」管理人、故外道紘さんの
まとめブログです。本ブログは、『The Internet Archive』からデーターを復旧しております。
本ブログは、オリジナルの「外道の細道」及び、その関連サイトとは何ら関係がございません。
本ブログ以外の「外道の細道」に関係する事象には、一切お応えすることができませんので、
ご了承ください。(2016年6月15日 外道 邦)

google_translate

南部永久不浄の旅_バナー

2011年11月

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年11月30日号

橋下さん、暗殺されないか心配だ。

対立だけ見せて、政策を説明しないところなんか、大阪という土地柄を良く理解している。

その頭脳明晰さが彼の命を危うくしている。
口では負けそうだから殺してしまおうと。


煩悩の夕暮れ、2011年11月30日号

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年11月29日号

キンナリーの娼館が気になる。

洪水で水が来たらシラチャに逃げて、そしたら、タッキーにたかられてゲンナリしている変態駐在と一緒に行こうと考えていたが、結局水は来なかった。

運が良かったのか、チャンスを逃したのか、複雑な心境だ。

どうもよくわからないのだが、ある程度管理されたテメみたいな感じだ。
サイアムホテルコーヒーショップの ID 管理淫売みたいな感じかな?

パタヤでは、他にこういう場所の報告もないので、この店の為だけに、コーヒーショップの欄を作るのも考え物で、今のところその他の風俗欄に掲載している。

オレとしては興味津々だが、またあまり騒ぐと、テメの二の舞で日本人ばかりになって、つまらなくなりそうで怖い。

膨大なパタヤのロクデナシ人口を考えれば、あり得ない気がするが、それは当初のテメも日本人に占拠されるとは想像できなかった。

日本人オヤジ達によって、妙なお達者クラブになってしまう前に行ってみたい。


煩悩の夕暮れ、2011年11月29日号

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【帰ってきたMP嬢の裏事情 YoungBoggyさん】引退したMP嬢に再会したお話

当たり前の話だがMP嬢に定年退職はない。
30歳を超えても、40歳を超えても、毎日MPの雛壇に座っている娘(おババ?)もいる。

現在ほとんどのMPでは18歳未満のタイ娘を採用できないので(在籍していたら非タイ人の可能性が高い)、MP嬢の旬の年齢は18~28歳(実働10年)くらいであろう。彼女たちは引退したらいったい何をやっているのか。

数年店で働いてカネを貯め、田舎に戻り、家でも建てて、幼馴染の男と一緒になり、子供をもうけ、平凡な暮らしに満足して余生を送れば幸せだろうが、不幸にも、「それから幸せに暮らしましたとさ・・・」とはならない。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年11月28日号

面白さと危なさはお隣さん

テメが嫌いになったのはいつ頃だろうか?

かつてのテメは、今とは違う場所(地下じゃなかった?)にあり、淫売は同じだが、客層と相場は大きく違った。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年11月25日号

オリンパスだか、オクトパスだか知らないけど、出てくる奴みんなハゲ。
やったこと自体も、聞いていて悲しくなるくらい、サラリーマン的な小心ワンダーランドで、禿げるのも十分理解できる。

社長だか、会長だか知らないけど、こんな奴ら、みんな雇われ人の使用人組合幹部だ。

大方の社員は薄々感ずいていたはずだ。
あんなこと長年やって、おいてわかんなかったはずない。
口に出す勇気がなかっただけだろう。

オリンパスに男子無し。
お前らなんかカマだ。

悪いことばかりじゃないだろうけど、オレは給料貰ってる社長の会社なんか信用しないね。

結局、誰も責任を負わない。

誰もが自分のせいではないと思っている。

情けない人間たちだ。

誰も幸せじゃなかっただろうから、あんな会社無くなってもよし。
世のため人の為じゃ。はげ!たこ!


煩悩の夕暮れ、2011年11月25日号

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年11月24日号

水が引いたセントラルラパオに、吉野屋の為だけに行ってきた。

それしか思いつかなかった自分が、心底情けないが、なにげに身分相応だとも思う。

こうした安飯屋は、常に人手不足で、見ていて気の毒なほど、従業員はマシンとなって働いている・・・日本ではだ。
ここ、マンパワー津波の国タイでは、事情が大きく違っていた。

思った通り、ホールだけで、10人以上の使えないタイ人がグダグダ仕事をし、会計は専属。
客は10人もいない。

これでキッチンの同数の人間がいたら、20人で10以下の客をさばいていることになるが、その手際は日本よりはるかに悪い。

開店して数ヶ月経つのだから、慣れていないでは済まされないだろう。
またもや、こけそうな予感の充満している吉野屋(タイランド)だった。

お味の方は、モスバーガー以来続いている脱力感。

頭の中でだけ美化された吉牛は、『こんなもんだったか・・・』といった感想を残すのみ。

次は是非カッパ寿司に来てもらい、オレをガックリさせてくれ。

煩悩の夕暮れ、2011年11月24日号

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年11月23日号

"線路端・川っぷち・高架下" と "丘の上" 

今回の洪水と、浸水地域にはある特色があった。
真っ平らに見えるバンコクでも、わずかな高低差はある。

また、重要な地域と、そうではない地域もある。
薄いお皿の上に水を引いたようなタイの洪水は、広大な土地を水没させる。

日本にも下町と山の手があるように、一見平らなバンコクにもそれはあった。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年11月22日号

卵を食う罪深さ

明太子スパ食った。
たらこに限らず、鶏卵でもそうだが、背徳感がたまらない。

堕胎・子殺しみたいな気がするからだ。
たらこなんか大量虐殺ジェノサイドで、気分はスターリン。

数こそ少ないが、ゆで卵なんか、確実に今生命を食い殺している気分で、黄身を食うときは『絶命』みたいな感じだ。

そして、なぜか・・・卵はたいていうまい。
そして、結構見た目がキモイ。

きもくて、うまくて、罪深い。

罪の意識を感じずに食うには、加工して原型を失わせるに限る。
プリンとか茶碗蒸しは、卵だと意識せずに食っている。

無意識の殺人。
爆撃って、こんな感じなのかな。


煩悩の夕暮れ、2011年11月22日

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年11月21日号

イランを見習いたい

大うそつきで、世界一独善的なイラン人は、核施設を地下に作った。
攻撃されないためだそうだが、なにより、見つからないためとしか思えない。

まあ、いい。
深くつき合わないに越したことない人達だ。

隠すためではなく、事故っても大丈夫なために、原発を地下に作りたい。
どんなにしても、絶対なんかあり得ないんだから、初めから事故ることを前提に建設すれば良いんだ。

こちらの方がよほど現実的だ。

山に横穴のトンネル掘って、中に作ればいい。
失敗したらトンネル閉じて埋めてしまおう。

きっと、なにげに現実的な対策になるだろう。
放射能が漏れてもほんの少しだろうし、なにより、チェルノブイリを越えた福島なんかよりずっと良い。

天然資源のない日本で、安価な電力は核しかない。
危ないのが玉に瑕だが、ドカンと逝っても、死ぬのが東電の職員だけなら気にならない。

この方法なら、高尾山に原発作っても大丈夫だ。
それでも、頑なに田舎に作るというなら、『安全』を訴える主張こそ、イラン並みに独善的だ。

核融合の実験もっと続けてほしい。
あれは夢のある技術だ。・・・危ないのかな?


煩悩の夕暮れ、2011年11月21日号

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年11月18日号

バンコクって50区もあったんだな・・・

長く住んでいるが、全然知らなかった。
今回の洪水の唯一と言っていい収穫は、都内の地名と、その位置関係をはっきり認識できたことぐらいだった。

意外とバンコク都は広く、自分が直接住んだり、働いたことがないところは、未だ土地勘がない。

水門壊したりして、大暴れした都内唯一の赤支持者根拠地は、サムワー運河のそばだと聞いた。

サムワー運河??
どこでしょうかね?

赤と言えば貧乏。

水が完全に引いたら見に行ってみたい。
赤の巣窟サムワー運河沿いスラムに。

TV映像ではえらくのんびりした田舎だった。
東京でもあるんでしょうかね・・・「あんなクソ田舎、都内だとは知らなかった」ってとこ。


煩悩の夕暮れ、2011年11月18日号

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年11月17日号

横井うどん、うまい!


煩悩の夕暮れ、2011年11月17日号

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【徒然外道、2011年11月17日】楽園の香り 投稿者:ケンさん

今回のバンコク旅行で覚えたタイ語は、『ティントン(キチガイ)』と、『ロッティ(交通渋滞)』です。

私はこれまで日本語の、「スケベ」は『タルン』だと覚えていましたが、正確には『タ(ン)ルン』らしいです。

毎回新しいタイ語を覚えられるので、それも楽しくて、楽しくて、タイ旅行が止められません。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年11月16日号

「立派な髭ですね」と褒めることはあるが、「立派なハゲ」ですねと言うことはない。
髭もハゲも天然だが、髭の手入れはあっても、ハゲの手入れはない。

より受け身で、なにもしないで禿げるからいけないのだろうか?

ビンラディンは立派な髭だった。
毛沢東はハゲだったが、建国の英雄であって、ハゲを褒められたことはない。


煩悩の夕暮れ、2011年11月16日号

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年11月15日号

間の悪い会社

皆の周囲にも1人か2人は、なんて間の悪い奴だ、と思う人がいると思う。
悪気はないのだが、人生をかけて笑いを取りに来ているような人だ。

企業にも信じがたいほど、やることなすこと、間の抜けた会社がある。

あまりに過当競争と、狂牛病騒ぎで、看板メニューの牛丼が売れなくなった吉野屋なんかも、見ていて気の毒になるが、どこか笑ってしまう。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【帰ってきたMP嬢の裏事情 YoungBoggyさん】ニュークレオパトラの功罪

アソークがパラム9と交わる交差点(そのまま直進するとラチャダーに入っていき、右折するとパラム9、交差点の左角に「アムステルダム」がある)を左に曲がって少しばかり行ったところに、かつて、「ニュークレオパトラ」というMPがあった。

現在はホテルになってしまったが、この店は功罪が相半する店として、バンコクのMP史にその名を残している。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45
アクセスカウンター     (ユニークユーザー数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター     (アクセス数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【泰淫歴】2018年
外道為替
さあ「いいね」を押すのだ!
バンコクポスト ツイッター
Google translate
トップページへはこちらから
外道記事検索
タイ・ニュース RSS
メビウスの輪(外道恋愛小説)
外道の細道を電子書籍で読む
外道図書館バナー
カテゴリー
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
外道天気予報
最新コメント