知らなんだ・・・

単に、オレが知らなかっただけかも知らないけど、コケシとは、本来『子消し』で、東北地方で飢饉の度に間引きされた、子供の霊を慰めるために作られたそうだ。

恐るべき日本の伝統的貧困。

そんなモノ土産物にするな。
縁起でもない。
小子化とか、人口減少とかで騒いでいるけど、一人くらい、「日本の人口が減少して良いことだ」と言う人がいてもいいはずだ。

狭い国土に資源はなく、農産物にも恵まれていない上、過大な人口。
冷静に考えて、バランスはどれくらいなのだろうか?

それほどがんばらなくても、皆が食っていけるようになる人口は。

経済大国がなんだ?
君たちの生活は厳しく苦しい。

認めたくないことなのかも知れないが、日本のバランスは悪く、それがひいては東アジア地域に緊張を作り出すことだって考えられる。

頑なに目をそむけ、仮想現実の経済大国にしがみつく危険をなぜ気づかないか?

それとも・・・いったん増えてしまった人口を減らすわけにもいかず、とりあえず行き当たりばったりの対策しかとれずに、このまま沈みゆく国となるのか?

なにはともあれ・・・そうした神聖なコケシに電池まで入れて、マンコに突っ込むとは何事だ!

外道者のオレは、国の将来を憂えて電池を替えた。

煩悩の夕暮れ、2011年5月24日号


にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ