今年は、また新たに、外道「T-シャツ」を作ろうと思っている。

色々プレゼント用のグッズを作ってみたが、結局コストが一番低く、その割にマシなのが、プリント
「T-シャツ」だということがはっきりした。

正直ありふれているので、気が進まないが、「シルバーの指輪」に至っては、原価が500Bを越えてしまい、安さに徹底した「手ぬぐい」は、プリントではショボ過ぎる。

原価と内容のバランスを考えると、
「T-シャツ」ぐらいしかないのだ。

しかし、同じ事をするのではつまらない。

今年の外道
「T-シャツ」は、今までのだってかなりそうだったが、極めて着こなしの難しい、人を選ぶデザインにする。

「T-シャツ」のデザインなんて言ったって、プリントする文字や柄の違いに過ぎないのだが、人間の尊厳を問う、恥ずかしい柄にする。

問われているのは、我々の凝り固まった既成概念だ。

外道紘 ビートニク宣言
一緒に送っていたエロDVDだが、こんなモノを日本に送って商売してやがった馬鹿が捕まり、郵
便局のチェックがうるさくなった。

雑誌についてくる、ソフトなタイエロモデルのイメージビデオでも一緒に送るかな・・・マンコさえ出てなければ問題ないだろう。

しかし、考えてみれば変な法律だ。

我々は皆、マンコから出てきてこの世に生を受ける。
マンコはなぜそんなに邪な物なんだ?

また・・・男のチンコについてもそうだが、単に体の中で一番グロイ部分だと思うのだが・・・。
グロイから駄目なのだろうか??


煩悩の夕暮れ、2012年1月13日号

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ