おじいさん、おはようございます!!

>コメントありがとうございます。日本は今週後半また寒さが戻って来そうです。

→ こちらも、ようやく、タイらしい気候になってきたと思いきや、日本同様、週末は朝晩冷えそうです。

>ロシア人はロシア民謡コーラスなんかは美しくハモるのですが、ソ連時代には自己の心情をぶちまけると、即シベリア送りになったりしましたから、思いを込めて演歌風に歌うのが苦手なのかもしれません。

→ パタヤに来るロシア人は、年齢層が高めという気がしておりましたが、旧ソ連時代を生きた年配の方が、抑圧されていた自己を解放するために、ここを訪れるのかもしれませんね。

>中央アジアの旧ソ連のトルコ系諸民族は、演歌の素質は有りそうですが、まだ磨きがかかっていないと思います。

→ この演歌というところでは、タイにはルークトゥンがありますから、磨きをかけるには絶好の場所ですね。

>それと、歌うよりさきに踊り出す文化というのも有るような気がします。

→ これは、まだ僕は実感したことがなく、よくわからないのですが、ポルカやコサックダンスみたいなものでしょうか?

>邦さんがジョムチェン・ビーチでインドのカマに襲われかけたというのは驚きですね。

→ 実は、高校生の時にも経験していて、この時も結構ヤバかったです。

>ビーチでロシアのお姉さんに流し目される筈ではなかったのですか?

→ いやー、もういい中年オヤジなので、誰も近寄って来ません。

>今朝の朝刊パタヤその2の2番目の記事の、コンド?の5階のバルコニーで熱烈歓迎業務中のお姉さんが、勢い余ってベランダから落ちて路上に激突死した事件も驚きですね。
>相手の英国人の風体からして、お姉さんも楽しんで、その絶頂から墜落事故になったようですが、証拠隠滅を計ったのはマズかったですね。

→ 今朝の朝刊パタヤに掲載いたしましたが、犯人は元イギリス軍兵士で、母国では前科者だそうです。

>数日前にもパタヤでロシア人の父娘がバルコニーから落ちて娘重傷というニュースをどこかで読んだばかりでした。
>この時期のパタヤのベランダには死神が潜んでいるのかもしれません。

→ 自殺も多いですね。
  僕の友達も、タイで、有り金を全て使い果たした上で、飛び降りました。

>邦さんほか皆さん、ご用心ください。

→ お気遣いありがとうございます。
  このブログでは、いずれ「タイ国事件簿」というコーナーを設けようかと考えておりますので、その際は是非お目通しくださいませ。

読んだらクリックしてね!!!⇒にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
こちらもしくよろろ〜!!!!!!⇒