なんだかボコボコにされる麻生首相だが、腰が引けながらも首相を擁護する閣僚の顔ぶれを見て叩かれる理由がわかるような気がした。
あれは教頭顔軍団だ。なにかひ弱なインテリ顔で地位は高いがプレッシャーに弱く、胃病持ち。権力は好きだが責任は嫌いな顔立ち。
あんなの気にくわないし、怖くもないから若手中堅も造反しやすい。ある意味世代交代のためにあるような内閣だ。
可哀想にあんな連中に取り巻かれていれば、どんどん気弱になるのもわかるような気がする。

外道の細道、2009年3月2日


にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ