【外道の細道】『煩悩の夕暮れ』リターンズ


本ブログは、2012年3月15日にお亡くなりになった「外道の細道」管理人、故外道紘さんの
まとめブログです。本ブログは、『The Internet Archive』からデーターを復旧しております。
本ブログは、オリジナルの「外道の細道」及び、その関連サイトとは何ら関係がございません。
本ブログ以外の「外道の細道」に関係する事象には、一切お応えすることができませんので、
ご了承ください。(2016年6月15日 外道 邦)

google_translate

南部永久不浄の旅_バナー

2007年10月

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2007年10月19日号

宇宙に行くのは簡単でも、母なる地球に帰るのは困難を極めた。

すまない、またバックリ廃人でした。

極まったまま、TVを見ていると必要以上に集中してしまうので、ケネディーの演説にはまってしまった。

ウーン・・・こいつは天才だな。

言葉の効果と使用法、それば他者に与える効果を知り尽くしている(きっと文章を書いても名文家だったろうと思う)。
当然、その志や実行力についても、卓越した人物ではないと、こうした言葉は力を持たない。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2007年10月12日号 【外道(泰国)風土記】日本シリーズ vol.4

SFのような回転寿司

日本訪問でオレが楽しみにしていたのは回転寿司だった。

昔は回転寿司と言えば新橋とか御徒町とかでオヤジが肩を丸めて卑屈に食う寿司と決まっていた。
知らぬ間に回転寿司は市民権を得ていた。

郊外型とかで駅前ガード下の店は激減し車でしか行けないような国道沿いに出店している。
それも大型店だ。

どおりで武蔵野の強姦魔ときどき骨董品屋の名を欲しいままにするポンポコ堂が詳しいわけだ。

オレはネットで回転寿司屋を探した。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2007年10月4日号

知り合いから大量のイカの塩辛をもらった。とても食いきれないのでヒロポン軍曹にやった。奴はこうしたジジ臭い食い物が好物だ。しかし、さすがの自衛隊も大量の塩辛に困ったようだ。イカの塩辛は普段ショボイビン詰めで売られている。実は生ものの塩辛はあれぐらいの大きさで丁度いいのだ。腐る前に食ってしまおうと軍曹は考えた。男の料理趣味ならぬ自衛隊の野戦食演習だ。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2007年10月2日号 【外道(泰国)風土記】日本シリーズ vol.1

最低なコンディションであった。およそ旅のはじめににはふさわしくないことに4連続徹夜明けの出発だった。

こんな事になったのは言うまでもなくアナル山本との根性焼きのようなビタミン剤合戦の結果だ。
やってはいけないと分かっていながらやってしまう・・・

出発1時間前まで炙っていたせいで飛行機の中では皆寒くて毛布をかぶっているのにオレだけ汗ダラダラ・・・
いけない汗を流していた。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2007年10月01日号(推定)

なっちゃんの学校に行った。
学校と言っても保育園、託児所だ。

最年少はとんでもないことに、生後二ヶ月なんてのもいたが、これはほとんど置物状態だった。
大体1~3歳のガキが集められている。

自分自身のこれぐらいの頃の記憶はほとんど無いが、かすかな記憶に毎日虐められ泣かされていたような気がしていた。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45
アクセスカウンター     (ユニークユーザー数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター     (アクセス数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【泰淫歴】2018年
外道為替
さあ「いいね」を押すのだ!
バンコクポスト ツイッター
Google translate
トップページへはこちらから
外道記事検索
タイ・ニュース RSS
メビウスの輪(外道恋愛小説)
外道の細道を電子書籍で読む
外道図書館バナー
カテゴリー
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
外道天気予報
最新コメント