【外道の細道】『煩悩の夕暮れ』リターンズ


本ブログは、2012年3月15日にお亡くなりになった「外道の細道」管理人、故外道紘さんの
まとめブログです。本ブログは、『The Internet Archive』からデーターを復旧しております。
本ブログは、オリジナルの「外道の細道」及び、その関連サイトとは何ら関係がございません。
本ブログ以外の「外道の細道」に関係する事象には、一切お応えすることができませんので、
ご了承ください。(2016年6月15日 外道 邦)

google_translate

南部永久不浄の旅_バナー

GOURMET DE GEDOU

【外道グルメ GOURMET DE GEDOU ユニコーン(2002大将)】投稿 応援したい店!うら庭

プロンポンのパラダイスマッサージで、スッキリしたあと、腹が減ったので、以前から、キンカーオ ドゥアイと煩かったソイカの女に電話して、エカマイで待ち合わせすることになった。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【外道グルメ GOURMET DE GEDOU】第10回 横濱家系ラーメン秀家

でたな秀家

変な場所にラーメン屋が出来た。
かつて、一夢庵という不吉な名前の日本食屋があったところだ。

ヒロポン軍曹と今一な飯食いながら話したものだ。

『なんで一夢庵なんだ?』

『一夜の夢なんでしょうかね』

『一度だけでも夢見たい脱サラレストランかな?』

『この客入りじゃ、今となっては夢のままでいた方が良かったでしょうね』

『悪い夢だな』

言いたい放題言ったものだ。
それぐらい場所が悪かった。

アソークディンデンの風呂屋アムステルダムより、ディンデン通りを100Mほど南下、周囲になにもなく少し離れて豊田通商がある都心の僻地だ。

当然周囲に日本人が多いとも思えない。
それどころか人がいない。

渋滞酷いが生活感はない。
なんとなく、埃っぽい湾岸工業地帯を思い起こす寂しい土地だった。

駐車場もないので車でも行けないし、地下鉄の駅からは300Mほど歩かなければならない。
あらゆる意味でアクセス不可。
店商売のブラックホールみたいなところだ。

オレは前から気になっていた。
「横濱 家系ラーメン 秀家」と看板が掛かっていた。

家系?横濱??宇喜多秀家ではないようだが・・・考えてみれば宇喜多秀家は島流しにあったような気がするな・・・流されたような場所に在るからだろうか?
イヤイヤ、そこまで卑下する余裕を今の日本人は持たないはずだ。

家に帰ってグーグル。
便利な世の中になったものだ。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【外道グルメ GOURMET DE GEDOU】第9回 カフェ・シンフォニー

人を外見で判断してはいけない。

全盛期スタバの今、昔懐かしい、いかにも脱サラしましたみたいな親父がやっている喫茶店は絶滅状態であると聞いた。

オレはタイ住まいでよく知らないが、なんだか残念な気がする。

学校ふけて、会社抜け出して、休日に家に居づらくて、いろんな逃げ道として街の喫茶店は男にとって有益な場所だった。

平日の昼過ぎなんかは、暇そうなマスターが何時間でも無駄話の相手をしてくれた。

外国にはこうした空間をなかなか見つけられない。
オレはタイに暮らしだして数年間こういう無駄空間を探して、さまよい、なぜか関係ない女に金取られたりしていた。

無駄な時間はつぶしたが、無駄金使うのはいやだ。
まあ関係なかった。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2008年11月5日号(推定)

人を外見で判断してはいけない。

スタバ全盛期の今、昔懐かしい、いかにも脱サラしましたみたいな親父がやっている喫茶店は絶滅状態であると聞いた。

 オレはタイ住まいでよく知らないがなんだか残念な気がする。
学校ふけて、会社抜け出して、休日に家に居づらくて、いろんな逃げ道として街の喫茶店は男に とって有益な場所だった。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【外道グルメ GOURMET DE GEDOU】外道紘さんコメント

すっかりその存在すら忘れちゃっていた外道グルメだが、突然投稿が来て思い出した。

「そう言えば、そんなのあったな・・・」

自分のコーナーであることすら忘れ、ノスタルジーに浸っていた。

当初、季刊程度でOKと考えていたが、年刊となり、さらに面倒になって、「だいたいエロサイトのグルメコーナーなんて読む奴いないだろ・・・マンコ以外はセコイオヤジばかりだし・・・あーハゲハゲ」と開き直り、国勢調査みたいに数年に1回で十分。
ジジイ、飯食うな!

そんな気分だった。

いい事を思いついた。
長い眠りから覚めた外道グルメ。

そうだ!これも投稿可能なコーナーにしてしまおう。
また一つ仕事が片付いた。

平民の皆さん、マンコ前に寄った飯屋や、インバイに手を引かれて連れて行かれ、その上友達も呼んでいいか?などといわれて断れず、マンコ以上に金のかかった痛恨の飯屋、タイマンコ旅行で記憶に残る飯や等なんでも投稿してください。

あー忙しい。


GOURMET DE GEDOU、2008年9月14日


にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【外道グルメ GOURMET DE GEDOU ポムマイミイポムさん】投稿 ロンビア(ビアホール)タワンデーン

ポムマイミイポムさんからの情報:ここもタニヤのオネイサンに連れていってもらった。

場所は酔っ払っていて、よくわからない。
ラマ3世通りかな(ホームページ:http://www.tawandang.co.th/)。

ライブ・ショー&フード(「豚ももの丸焼き」が旨かった)&ビールのお店。

1メートル超の長細いビールサーバーって世界共通?
日本じゃ見たことないけど、よくわからん。

せこいハゲオヤジは、飲み残しのウイスキーを持参。
持ち込み料は、200BでOKだった。

歌謡ショー、ビール早飲み競争、アクロバット等々。零時回ると完全にディスコ状態。
昔のコロシアム(トンロー)の、料理いいバージョン?

田舎モンには、ものすごく楽しい。
3人で2,000B弱。

GOURMET DE GEDOU、2008年9月14日


にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【外道グルメ GOURMET DE GEDOU ポムマイミイポムさん】投稿 ザ・グッド・ビュー

タニヤのオネイサンとの同伴デート。
ライブ・ミュージック&フード&ドリンクのお店(http://www.goodview.co.th/2006/home/home.php)。

ラマ3世通りと交差するチャロエン・クラング通り(発音自信なし)突き当り。

チャオプラヤ沿いで、川風が心地いい。
シーフードもおいしい(Pはイカの卵詰め)。店員さんも気持ちいい。

帰りも、タクシーの拾える大通りまでお店のツゥクツゥクで送ってくれた。

2525 CHAROEN KRUNG RD., BANG KHO LAEM
BANGKOK THAILAND 10120
Tel. 66 2 6891393 - 6
Fax. 66 2 6891397
Email : gvbkk@goodview.co.th

GOURMET DE GEDOU、2008年9月14日


にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【外道グルメ GOURMET DE GEDOU】第8回 帰ってきたサルの店 御朋園

帰ってきたサルの店 御朋園 (ミィーフォーイェン・・・発音自信なし)

かつて、サルの店。
今ブタの店、ときどき女子高生の店。

オレはかつてこの店を『サルの店』と呼んで贔屓にしていた。
小猿のような可愛いロリ娘がウェイトレスとして働いていたからだ。

オジサンは大変好きだったぞ。

ところが一つのミスを犯してしまった。
この北の山から買ってきたロリザルの店に、童女食いの淫獣、ローリー山崎を連れて行ったしまったのだ。

案の定、ローリーは獲物をねらう獣のような目つきでロリザル達を視姦し、身の危険を感じた可愛いロリザルは店を去った。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【外道グルメ GOURMET DE GEDOU】第7回 粟飯

これは元々、煩悩の夕暮れ編集後記用に書いた物です。
他からの引用も多く、調子に乗って書いている内に長くなってしまいました。

編集後記には不向きなので、本来、料理屋紹介のグルメ外道に掲載することにしました。
グルメコーナーで粟飯を取り上げるのはオレのサイトが始めてではないでしょうか?

ついに夢が叶った。

以前、編集後記に書いたとおり、オレは一度でいいから黒沢映画に出てくる水飲み百姓のようにアワや稗を食ってみたかったのだ。

普通、貧乏と1セットで語られることが多い粟稗などの雑穀は、「貧乏で仕方ないから食っていた」みたいな言い方をされている。

オレは経験的にこうした説を素直には信じない。
飼料用トウモロコシの粗挽き粉を湯がいたウガリや、エチオピアでしか食ってないテフから作ったインジェラは美味かった。

ポリネシアンの主食、タロイモやヤムイモ、究極の救荒作物キャッサバもおいしかった。
現代日本人のほとんどは粟稗食ったことがないだろう。

食ったこともないのにウマイマズイは判断できないのだ。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【外道グルメ GOURMET DE GEDOU】第6回 桔梗(ききょう)

記念すべき第一回は、知る人ぞ知る(オレは先日まで知らなかった)パッポン2にある焼鳥屋”桔梗”を紹介したい。
なにしろこの店はわかりづらい所にある。

パッポンに足繁く通っている人でもその存在を知る人は少ないのではないだろうか?
なんでこんな所にあるんだ?

妙な所にあり、古ぼけた看板は廃墟のようで、とても営業を続けている店には見えない。

パッポン ソイ2にあるフードランドをご存じであろうか?
食品中心の24時間スーパーだ。客層は最低最、100%淫売など風俗関係者及びせっぱ詰まったマンコ買い男で占められている。

話はそれるが、フードランドの客層がいかに最低かをオレの経験からひもといてみよう。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【外道グルメ GOURMET DE GEDOU 】前書き

すっかりヘタレてしまったポキエさんに代わり、オレ自身が執筆すると宣言してはや半年、すっかり忘れていたのだが、読者からの指摘により思い出した。

オレはこのまま忘れてしまおうと思っていたのに・・・。
仕方がないから始めることにした。

開始までに半年もかかっているので更新ペースはおのずから予想できると思う。
はなから期待しないで貰いたい。

だいたいオレくらい美食に縁遠い人間もいない。

日常の食事はジャンクフードに彩られ、たまの自炊は主に自家製ジャンクフードである、ラーメンライス、ネコ飯(みそ汁かけご飯)、洋風ネコご飯(コーヒー浸しパン)等、すべてどんぶりで食え、食器は一つしか使わないものばかりだ。

栄養の面からはイリヤンジャワのダニ族よりひどい。

こんなオレはロクな飯屋を知らず、食事場所の選考基準は”近いこと””安いこと””早いこと””下痢しないこと”で”うまいこと”は条件から除外されている。

仕方なく外道者の助けを借りることにした。
外道グルメナビゲーター候補に挙がったのはヒロポン軍曹・ガンジャ坊カズ・真性ゴイケ・中出しモリズカ・スジ彫り大魔王等だ。

考えてみればこいつらも安マンコ買いに熱中しているだけのロクデナシだな・・・人選からして大きく間違っている。
まあ・・・いいか。

外道者の為の食事場所選定基準は
1:女遊びできる場所から近いこと(仕事帰りの風俗嬢御用達のお店も含む。邪な期待を持てることも外道者には欠かせない要素だ)

2:予算はビール1本を含めB500程度であること。(外道者はセコイマンコ買いの上、貧乏でケチだ)

3:そこそこ美味いこと。(ハゲは糖尿の癖して味にうるさい。外道者は上品な味を判断できないので、ここでゆう美味い物とはモツ煮込み程度の食品をさす)

こうした志の低い外道グルメの数々を皆に紹介していきたい。

GOURMET DE GEDOU、2005年10月13日


にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【外道グルメ GOURMET DE GEDOU ポキエさん】第5回 ティースット・イサーン・インター

評価:★★★★☆
値段:安□■□□□高

ソイ・ランナーム、といえば思いつくの安アパートとイサーン料理である。

この近所には、外国人向けの安アパートが多く、そういえば昔この辺にタイ留学中の日本人の彼女が住んでいて、よく来た物だ。

未だ、高速が出来る前の頃の話だから、もう10年になるだろう。

このティースット・イサーンも、彼女と、また他の友人としょっちゅう来た。
よく考えたら、タイに来て初めてイサーン料理を食べたのもこの店だ。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【外道グルメ GOURMET DE GEDOU ポキエさん】第4回 屋台のカノム・ジーン

評価:★★★★☆
値段:安■□□□□高

無性にカノム・ジーンが食べたくなることがあるが、この料理は中々レストランでお目にかからないのでどうにも困る。
変な屋台だと、いたりいなかったりするし、いつでもやっているカノム・ジーンの店で思いつくのがラムカムへ−ンか、パッポンだ。

タニヤからパッポンに歩いていき、パッポン2の入り口の角がピンクパンサー。
その手前の左側にぶっ掛けカレー屋があるが、その前の歩道で毎日やっている感心な店がある。
今回はこれを紹介しよう。

まず、カノム・ジーンを紹介しようか。
カノム、といってもお菓子じゃあないよ。
冷やし中華的に"皿に乗った麺にたれをぶっ掛けたもの"と想像してもらいたい。
タイ人は普通"ノム・ジーン"と言うほうが一般的だ。

米粉をゆるく練ったものを、熱湯の上で、ところてんのように穴からグーっと押し出して麺を作る。
田舎のほうに行くと空き缶の底の穴あけた中に入れて庭でやってるぞ。
これをざるにあげて、まとめておいたのが、ノム・ジーンの麺。見た目は極太そうめんみたいなもんです。

そこに、ナムヤー・プラーかゲーン・キヨウ・ワーンをかけて食べる。
ゲーン・キヨウ・ワーン(緑のココナツカレー)は知ってると思う。

ナムヤー・プラーは簡単に言うと魚の干物をほぐして作ったココナツスープ。
魚の干物が入っているから、なんだか懐かしい味がするんだよなー、これが。

ノム・ジーンを頼むと、もやし、バジル、豆、漬物などが入った野菜セットみたいのがおまけで付いて来るから(あるいはもうテーブルの上に載っている)、これをドバッと入れて食べよう。

俺的にはもやしがたくさん入っているのが美味いと思うけど。

ポイントは食べ方ですな。
大体日本人だったら、箸で、ズズッと行きたいところだが、付いてくるのがスプーンとフォーク。
しょうがないので、スパゲティーのようにフォークにくるくると巻き始める。

ここでタイの女の子はもう大笑いすること間違いなし。
正しい食べ方はこうです。

ノム・ジーンに薬味を乗せたら、心を鬼にしてスプーンで麺をズタズタに切ります。
混ぜるのではなくて、切る、のが肝心。

せっかくおいしそうな白い麺にカレーがかかって冷やしラーメン的なたたずまいで待っているのを切る。
麺文化に対する冒涜ですな。

そして、麺が千切れ千切れになってしまってから、スプーンで頂く、と。
これが、正しいタイ的食べ方。

この屋台では、普通ナムヤー・プラーとゲーン・キヨウ・ワーンの両方あるが、ナムヤー・プラーが売り切れになることが多い。
ご賞味あれ。

パッポンの路上で一人深夜のカノム・ジーン。
俺もここまで来たか、と思う店。

場所:スリウォンロード、パッポン2入り口、ピンクパンサーの手前。
時間:夜だけ

GOURMET DE GEDOU、2004年2月19日


にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【外道グルメ GOURMET DE GEDOU ポキエさん】第3回 カフェ・ド・パリ

評価:★★★☆☆
値段:安□□■□□高

パッポンには人知れず、比較的まともなレストランがあるが,この店は5年程前に,フランス語の上手なタイ人の女の子に教えてもらった。

「フランス語が出来るから,良いフランス料理も知ってるでしょう。バンコクではどこが良いの?」

「いろいろあるけど・・・、良いフランス料理の店って,男の人がご馳走してくれる時?それとも私が自分で払う時?」
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【外道グルメ GOURMET DE GEDOU ポキエさん】第2回 シャンゼリゼ

評価:★★★☆☆
値段:安□□□■□高
雛壇への見通し:★★☆☆☆

私は自他共に認めるケチだ。

物を買うにも大体ハッキリした予算があり、それ以上の物は買わないのが普通で、それゆえ、外道の料金情報を見ただけで、シャンゼリゼには一生行かないだろうと思っていた。

もちろん、シャンゼリゼの“5000B以上の女”というのに興味がないわけではなく、見てみたい気持ちは山々なのだ。

しかし、ケチの癖に比較的遠慮がちな私としては、入浴しないのが分かっているのに、冷やかしで女の子の品定めだけに行く、といったことは非常に気になるので、今まで訪問の機会がなかったのである。

ところが、今回外道グルメを始めて、堂々とシャンゼリゼに行く理由が出来た。
入浴はしない(と思う)が飯を食いに行くのである。
入って一銭も使わず出てくるのではないのである。

こういうわけで、今まで行く機会のなかったシャンゼリゼに始めて訪問する良い理由が出来た。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45
アクセスカウンター     (ユニークユーザー数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター     (アクセス数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【泰淫歴】2018年
外道為替
さあ「いいね」を押すのだ!
バンコクポスト ツイッター
Google translate
トップページへはこちらから
外道記事検索
タイ・ニュース RSS
メビウスの輪(外道恋愛小説)
外道の細道を電子書籍で読む
外道図書館バナー
カテゴリー
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
外道天気予報
最新コメント