【外道の細道】『煩悩の夕暮れ』リターンズ


本ブログは、2012年3月15日にお亡くなりになった「外道の細道」管理人、故外道紘さんの
まとめブログです。本ブログは、『The Internet Archive』からデーターを復旧しております。
本ブログは、オリジナルの「外道の細道」及び、その関連サイトとは何ら関係がございません。
本ブログ以外の「外道の細道」に関係する事象には、一切お応えすることができませんので、
ご了承ください。(2016年6月15日 外道 邦)

google_translate

南部永久不浄の旅_バナー

2018年

【2018年1月18日(木)】朝刊パタヤ、第308号(その2)

タイに来ることができない気の毒な外道平民の皆さんは、ツイッターの実況中継から、邪な雰囲気だけでも感じ取ってください。

感想はコメント欄へどうぞ。


pattaya_4


表紙の候補となった画像はFacebookにUPしております。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【2018年1月18日(木)】朝刊パタヤ、第308号(その1)

タイに来ることができない気の毒な外道平民の皆さんは、ツイッターの実況中継から、邪な雰囲気だけでも感じ取ってください。

感想はコメント欄へどうぞ。


pattaya_1


表紙の候補となった画像はFacebookにUPしております。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【2018年1月17日(水)】朝刊パタヤ、第307号(その2)

タイに来ることができない気の毒な外道平民の皆さんは、ツイッターの実況中継から、邪な雰囲気だけでも感じ取ってください。

感想はコメント欄へどうぞ。


pattaya_4


表紙の候補となった画像はFacebookにUPしております。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【2018年1月17日(水)】朝刊パタヤ、第307号(その1)

タイに来ることができない気の毒な外道平民の皆さんは、ツイッターの実況中継から、邪な雰囲気だけでも感じ取ってください。

感想はコメント欄へどうぞ。


pattaya10


表紙の候補となった画像はFacebookにUPしております。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【2018年1月16日(火)】朝刊パタヤ、第306号(その2)

タイに来ることができない気の毒な外道平民の皆さんは、ツイッターの実況中継から、邪な雰囲気だけでも感じ取ってください。

感想はコメント欄へどうぞ。


pattaya_8


表紙の候補となった画像はFacebookにUPしております。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【2018年1月16日(火)】朝刊パタヤ、第306号(その1)

タイに来ることができない気の毒な外道平民の皆さんは、Facebookのタイムラインから、邪な雰囲気だけでも感じ取ってください。

感想はコメント欄へどうぞ。


pattaya_12


表紙の候補となった画像はFacebookにUPしております。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【2018年1月15日(月)】朝刊パタヤ、第305号(その2)

タイに来ることができない気の毒な外道平民の皆さんは、ツイッターの実況中継から、邪な雰囲気だけでも感じ取ってください。

感想はコメント欄へどうぞ。


pattaya_6


表紙の候補となった画像はFacebookにUPしております。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【2018年1月15日(月)】朝刊パタヤ、第305号(その1)

タイに来ることができない気の毒な外道平民の皆さんは、ツイッターの実況中継から、邪な雰囲気だけでも感じ取ってください。

感想はコメント欄へどうぞ。


pattaya_22


表紙の候補となった画像はFacebookにUPしております。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【2018年1月14日(日)】コメント返信コーナー おじいさんより

おじいさん、おはようございます!
今日もインラインにて失礼いたします。

>オペラ版「マハゴニーの興亡」とデヴィド・ボウイーやザ・ドアーズが歌う「アラバマ・ソング」のyoutube映像のご紹介ありがとうございます。

→ こちらこそ、「マハゴニーの興亡」教えていただき、たいへん勉強になりました。
  ありがとうございました。
 
>この「マハゴニー」の映像はロサンジェルス・オペラ劇場の公演で2009年グラミー賞受賞作とのことですが、黒人ソプラノのお姉さんのド迫力に驚きました。

→ 僕は、オペラには縁がないので、よくわからないのですが、実際に上演されているオペラハウスで観劇すると、youtube以上に驚くことになりそうですね。

>ボウイーが歌う「アラバマ・ソング」は私には初めてでした。ありがとうございました。

→ アルバム「スケアリー・モンスターズ」の、ボーナス・トラックに収録されております。
  このアルバムは、僕のボウイコレクションの中でも、一番のお気に入りです。

>歌の前に彼が観客に向かって「私がベルリンに居たときは、朝飯を食いながらこれを口ずさんでました」などとジョークを飛ばすのは、ベルリン3部作を世に送ったボウイーならではの貫禄ですね。

→ このジョークは笑っちゃいますよね。
  壁に囲まれたベルリンで、ミシシッピ川ぐらいしか遮るものがないアラバマの唄を口ずさむなんて。
  しかも、毎朝。

  「だいたい、朝飯食ってる時には、月は出てねーよ」とツッコミたくなります(笑)。
  こういうジョークは英国流と言えるのでしょうか?

>ボウイーには「David Bowie in Bertolt Brecht's BAAL」というブレヒト初期の有名な詩5作に自分で作曲して、英訳した歌詞で歌っているアルバムもあって、ボウイーとベルリンの繋がりは深いと感じます。

→ このアルバムは初めて知りました。
  ”Let's dance” リリースの前年ですね。

  あと、BBC放送がブレヒトの戯曲をドラマ化した時は、ボウイが主演だったのですね。


  髭を蓄えているので、最初は別人かと思いました。

>ドアーズ版は、「ライト・マイ・ファイヤー」や「ジ・エンド」の入っている伝説的なデビュー・アルバムに入っていたのですね。

→ 僕はそれほど思い入れが無いのですが、なんとなく聞いちゃうってバンドです。

>パタヤには、ディスコやライブハウス幾つか在るので、その辺りから21世紀のパタヤをイメージする音楽の傑作が登場して欲しいですね。

→ 僕はパタヤの風呂屋の入り口で、ピンク・フロイドの原子心母を流してほしいのですが、いかがでしょうか?


  「さぁ、私達の乳を揉みなはれ」と、言われている気がします。

>1990年代?のティム・ライス作詞?アンドリュー・ロイド・ウェーバー作曲のミュージカル「チェス」の中に One night in Bangkok, tough guy stumble... とかなんとか云う歌があって、それにちなんで?バンコクのナナプラザ脇にホテル Stumble Innがあります。
>あれ以降、イメージソングが途切れているようで残念です。

→ 昔、ナナのレインボー1だったと思いますが、松浦亜弥の「yeah! めっちゃホリディ」がかかっていて、意外に「ありだな」と思った記憶があります。


  ナナの近くに「yeah! Mettya Holiday Inn」という、日本人向けホテルがあっても面白いかな、と思います。
  スペリングが似ているので、パタヤ支店は、「yeah! Pattya Holiday Inn」、MPも併設して、そこで原子心母・・・・

  これは、ヒロポン軍曹の、「獣姦せしもの、退学に処す」ともコラボしそうです。



スケアリー・モンスターズ
デヴィッド・ボウイ
ワーナーミュージック・ジャパン
2014-01-29




ハートに火をつけて
ザ・ドアーズ
ワーナーミュージック・ジャパン
2015-08-05




Yeah! めっちゃホリディ
松浦亜弥
ZETIMA
2002-05-29


読んだらクリックしてね!!!⇒にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
こちらもしくよろろ〜!!!!!!⇒
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【2018年1月14日(日)】朝刊パタヤ、第304号(その2)

タイに来ることができない気の毒な外道平民の皆さんは、ツイッターの実況中継から、邪な雰囲気だけでも感じ取ってください。

感想はコメント欄へどうぞ。


pattaya_2


表紙の候補となった画像はFacebookにUPしております。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【2018年1月14日(日)】朝刊パタヤ、第304号(その1)

タイに来ることができない気の毒な外道平民の皆さんは、ツイッターの実況中継から、邪な雰囲気だけでも感じ取ってください。

感想はコメント欄へどうぞ。


pattaya_3


表紙の候補となった画像はFacebookにUPしております。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【2018年1月13日(土)】朝刊パタヤ、第303号(その2)

タイに来ることができない気の毒な外道平民の皆さんは、ツイッターの実況中継から、邪な雰囲気だけでも感じ取ってください。

感想はコメント欄へどうぞ。


pattaya_4


表紙の候補となった画像はFacebookにUPしております。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【2018年1月13日(土)】朝刊パタヤ、第303号(その1)

タイに来ることができない気の毒な外道平民の皆さんは、Facebookのタイムラインから、邪な雰囲気だけでも感じ取ってください。

感想はコメント欄へどうぞ。


pattaya_6


表紙の候補となった画像はFacebookにUPしております。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【2018年1月12日(金)】コメント返信コーナー おじいさんより

おじいさん、おはようございます!!
今日も、インラインにて失礼いたします。

>コメントありがとうございます。バンコクパタヤもクリスマスと新年の観光客ラッシュが終わって、次の来月はじめの旧正月休みまで一息いれているところでしょうか。

→ そうですね、次の旧正月は、チャイニーズがイワシの群れのように押し寄せるので、とても鬱陶しいですが・・・・・

>これからは、それに加えて、イスラムの休日やらヒンズー教の休日なども当て込んで、年中お祭り騒ぎということにもなりかねませんね。

→ パタヤで、羊の頭を切り落としたり、自分の身体を、刃物で斬りまくる儀式が見られるかもしれませんね。

>中央アジアのトルコ系諸民族は、中世ペルシャやオスマン帝国時代からのイスラムの宗派の旋舞教団の陶酔の舞や、性教育のためのベリーダンスという伝統があります。
>コーカサスではソ連時代の作曲家ハチャトリアン作曲の「剣の舞い」のような速いテンポの民族舞踊も盛んです。

→ この民族舞踊には強い興味を感じます。
  読者の中にも、同じ感想を持つ人がいると思いましたので、youtube動画を貼っておきました。
  お恥ずかしいことに、僕は、ベリーダンスは好色礼賛、セックス信仰の踊りだと思っておりました。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【2018年1月12日(金)】朝刊パタヤ、第302号(その2)

タイに来ることができない気の毒な外道平民の皆さんは、ツイッターの実況中継から、邪な雰囲気だけでも感じ取ってください。

感想はコメント欄へどうぞ。


pattaya_26


表紙の候補となった画像はFacebookにUPしております。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45
アクセスカウンター     (ユニークユーザー数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター     (アクセス数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【泰淫歴】2018年
外道為替
さあ「いいね」を押すのだ!
バンコクポスト ツイッター
Google translate
トップページへはこちらから
外道記事検索
タイ・ニュース RSS
メビウスの輪(外道恋愛小説)
外道の細道を電子書籍で読む
外道図書館バナー
カテゴリー
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
外道天気予報
最新コメント