【外道の細道】『煩悩の夕暮れ』リターンズ


本ブログは、2012年3月15日にお亡くなりになった「外道の細道」管理人、故外道紘さんの
まとめブログです。本ブログは、『The Internet Archive』からデーターを復旧しております。
本ブログは、オリジナルの「外道の細道」及び、その関連サイトとは何ら関係がございません。
本ブログ以外の「外道の細道」に関係する事象には、一切お応えすることができませんので、
ご了承ください。(2016年6月15日 外道 邦)

google_translate

南部永久不浄の旅_バナー

オユカ姉さん

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2012年2月24日号

世の親バカに告ぐ

種=素材、腹=工場と考えてみると、オレ自身、自分自身を鑑み、これは当然の結果ではないかと、昼過ぎに起きて、みそ汁がけご飯を食いながら思った。

フッフッフ・・・最低なオヤジ生活だぜ。

タッキーのディープイサーン・オックスフォード工業高校付属幼稚舎や、オユカの筋彫り駐妻インターナショナルスクールなど、端から見るとギャクとしか思えない発言に、正直者のオレはうまく取り繕う事ができず、微妙な間をおいて大爆笑したりして、深く恨まれている。

なぜ、世の親たちは、ああも自分の出身成分をわきまえない期待を子供に背負わせるのか?

自分自身は、そんなモノに引っかかりもしなかったくせに・・・。

巷の結果から見ると、種=素材、腹=工場の法則はほぼ間違いなく、それなりの物しかできない。

オレは、中学で優性の法則を習ったときの衝撃と、絶望感を忘れることが出来ない。

しばらくして、両親を思い浮かべ、あまり認めたくはないが、『なるほどな・・・』と思ってしまった。

クラスを見渡すと、残されるべき遺伝子は一つもなかった。
自分も含めて。

きっと、彼等は・・・・忘れてしまったのでしょうね、メンデル先生を。
もしかしたら、忘れたかったのかも知れない。

今後はヒロポン軍曹の "自衛隊 MBA" や、アナル山本の "キムタク毛沢東" を期待している。

奴らも馬鹿言いそう予感が溢れかえっている。


煩悩の夕暮れ、2012年2月24日号

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2012年1月11日号

成人式は何度見ても変な儀式だ。
いったい、こうした儀式は他の国にもあるのだろうか?
成人するまでは人間ではないのだろうか?

ところで、今年の新成人は0歳でバブル崩壊、4歳で阪神大震災、6歳で金融機関破綻の連鎖、17歳でリーマンショッ
ク、そして20の去年は東日本大震災・・・・・。

うーん、あの年に産まれたのが、丁度良いマンコ年になりよった。
この上、成人と共にオヤジに中出しされたりしたら、歴史的に外れ年生まれって事になるのだろうか?

まあ、人ごとなので勝手に言えるが・・・・フッフッフッフ・・・ワーッハッハッハ!!

なんか笑ってしまうな。
気仙沼市の成人式・・・皆津波食らったばかりなので、神妙に真面目なこと言っている。

オレが気になったのは・・・ええ聞いてはいましたよ、福島県人ガンマンコオユカから、宮城はブスの巣であると・・・フフフ・・・スゲーブスばっかりだったな。

オレの勝手な感想は、宮城も福島も同じようなもののけ姫だ。

P.S. 振り袖の着物の襟に付ける、白いフワフワした物はなんだ?
あの部分だけイヌイットの民族衣装みたいだ。
北極ぎつねの襟巻きかな??
あれを見る度にキャバ嬢みたいだ、と思ってしまうのはオレだけだろうか?


煩悩の夕暮れ、2012年1月11日号

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2011年12月24日号

今日はイブだというのにさっぱり何もない。

自暴自棄になって、また火星に行こうかとも考えたが、二週連続での火星探査は体が持たない。
宇宙放射線を浴びまくりで、福島原発の作業員みたいだ。

何か忘れている気がする・・・こういうときは本当に何か忘れているのだが、それが何か思いだしたときは大抵手遅れでどうしようもない。

なんだったかな・・・??
そうだ!ナッチャンが来ない。

オユカ騙しやがったな!

また女に騙された。
これだから女とユダヤと三国人は信用されないんだ。

とっととあの世いてまえ。

そんな感じで、今年もまた騙されたクリスマスでした。
平民の皆さんはどうお過ごしですか?


煩悩の夕暮れ、2011年12月24日号

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2011年12月2日号

年寄りばっかで、やる気のない村の意味を理解するまで、20年かかった。

日本から来る人や、タイに住んでいて日本に一時帰国した人に会うと、社交辞令的に聞いてしまう。

『日本はどうだった?』
ここ十年ほどだろうか、その答えはほとんど同じだ。

『イヤー死んでますよ』
『終わってる』
そんなネガティブな答えが大多数だ。

最近では、具体例を挙げて、死に具合を解説してくれる。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2012年2月24日号

世の親バカに告ぐ

種=素材、腹=工場と考えてみると、オレ自身、自分自身を鑑み、これは当然の結果ではないかと、昼過ぎに起きて、みそ汁がけご飯を食いながら思った。

フッフッフ・・・最低なオヤジ生活だぜ。

タッキーのディープイサーン・オックスフォード工業高校付属幼稚舎や、オユカの筋彫り駐妻インターナショナルスクールなど、端から見るとギャクとしか思えない発言に、正直者のオレはうまく取り繕う事ができず、微妙な間をおいて大爆笑したりして、深く恨まれている。

なぜ、世の親たちは、ああも自分の出身成分をわきまえない期待を子供に背負わせるのか?

自分自身は、そんなモノに引っかかりもしなかったくせに・・・。

巷の結果から見ると、種=素材、腹=工場の法則はほぼ間違いなく、それなりの物しかできない。

オレは、中学で優性の法則を習ったときの衝撃と、絶望感を忘れることが出来ない。

しばらくして、両親を思い浮かべ、あまり認めたくはないが、『なるほどな・・・』と思ってしまった。

クラスを見渡すと、残されるべき遺伝子は一つもなかった。
自分も含めて。

きっと、彼等は・・・・忘れてしまったのでしょうね、メンデル先生を。
もしかしたら、忘れたかったのかも知れない。

今後はヒロポン軍曹の "自衛隊 MBA" や、アナル山本の "キムタク毛沢東" を期待している。

奴らも馬鹿言いそう予感が溢れかえっている。


煩悩の夕暮れ、2012年2月24日号

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2012年1月11日号

成人式は何度見ても変な儀式だ。
いったい、こうした儀式は他の国にもあるのだろうか?
成人するまでは人間ではないのだろうか?

ところで、今年の新成人は0歳でバブル崩壊、4歳で阪神大震災、6歳で金融機関破綻の連鎖、17歳でリーマンショッ
ク、そして20の去年は東日本大震災・・・・・。

うーん、あの年に産まれたのが、丁度良いマンコ年になりよった。
この上、成人と共にオヤジに中出しされたりしたら、歴史的に外れ年生まれって事になるのだろうか?

まあ、人ごとなので勝手に言えるが・・・・フッフッフッフ・・・ワーッハッハッハ!!

なんか笑ってしまうな。
気仙沼市の成人式・・・皆津波食らったばかりなので、神妙に真面目なこと言っている。

オレが気になったのは・・・ええ聞いてはいましたよ、福島県人ガンマンコオユカから、宮城はブスの巣であると・・・フフフ・・・スゲーブスばっかりだったな。

オレの勝手な感想は、宮城も福島も同じようなもののけ姫だ。

P.S. 振り袖の着物の襟に付ける、白いフワフワした物はなんだ?
あの部分だけイヌイットの民族衣装みたいだ。
北極ぎつねの襟巻きかな??
あれを見る度にキャバ嬢みたいだ、と思ってしまうのはオレだけだろうか?


煩悩の夕暮れ、2012年1月11日号

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2011年12月24日号

今日はイブだというのにさっぱり何もない。

自暴自棄になって、また火星に行こうかとも考えたが、二週連続での火星探査は体が持たない。
宇宙放射線を浴びまくりで、福島原発の作業員みたいだ。

何か忘れている気がする・・・こういうときは本当に何か忘れているのだが、それが何か思いだしたときは大抵手遅れでどうしようもない。

なんだったかな・・・??
そうだ!ナッチャンが来ない。

オユカ騙しやがったな!

また女に騙された。
これだから女とユダヤと三国人は信用されないんだ。

とっととあの世いてまえ。

そんな感じで、今年もまた騙されたクリスマスでした。
平民の皆さんはどうお過ごしですか?


煩悩の夕暮れ、2011年12月24日号

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2011年12月2日号

年寄りばっかで、やる気のない村の意味を理解するまで、20年かかった。

日本から来る人や、タイに住んでいて日本に一時帰国した人に会うと、社交辞令的に聞いてしまう。

『日本はどうだった?』
ここ十年ほどだろうか、その答えはほとんど同じだ。

『イヤー死んでますよ』
『終わってる』
そんなネガティブな答えが大多数だ。

最近では、具体例を挙げて、死に具合を解説してくれる。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年8月26日号

ナッチャンに捨てられる。

ナッチャンが行ってしまった。
まあ当然だが、夏休みが終わったので、日本に帰ったのだ。

幼稚園で、勉強が後れるもクソもないのだが、母親のオユカは、これまた当然の事ながら、日本の寒い風に晒されているので、ごくごく一般的な普通原理主義主婦となっており、他の母親がそうするように、ガキでも日程通りの休みしか取らせず、誰かによって決められた、スケジュール通りの建て売り人生をナッチャンにさせている。

自分で考えなくて良いし、結局それが正解なのかもしれないが、なにか工業規格みたいで少し恐ろしい。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年8月18日号

ナッチャンご立腹

風邪気味のくせに酒を飲み、雨にうたれて帰ったせいで、寝るときには熱がでていた。

電話が鳴っている。
ウザイぜ、無視。

サイレントにして再び爆睡。

熱があってだるく鼻グズグズ。
こんな時はすべてをバックレるのが、昔から変わらぬ習慣だ。

あーーーいい加減な人生バンザイ。
再び目覚めたのは午後遅くだった。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年8月1日号

どうも駄目だ。
オレは全然人の名前を覚えられない。

顔は覚えているので、なにか特徴付ける符号を加えるとすぐ覚えられる。
アナル山本とか、ハングルMとか、ローリー山崎とかだ。

問題は、これらの可愛いあだ名を、本人が死ぬほど嫌がるため誰にでも付けるわけにはいかない。
一旦付けると、そう呼んではいけない人にもうっかり忘れて『デブ専』とか呼んでしまい、えらく怒られる。

オユカの息子を『ヒロポン』(キメながら作った)と呼んでいたら、オユカが夜叉のような怖い顔をして睨むので、白紙撤回となった。

育ちからして、丁度いい愛称だと思ったのに・・・。
世間はオレを理解してくれない。
嫌がるのは当たり前な気もしたが・・・。

オユカの息子は、どこにでもあるような名前で、特徴が無く覚えられない。
次に口をついてでたのは『タッキー』だった。

本名とはなにも関係ないが、なにか呼びやすく、すっかりそれに慣れてしまった。
オレがタッキーと呼ぶと、反応して芋虫のようにゴロゴロする。

うー可愛い。
なのにオユカはこれも大反対。

だいたい女は共産党だ。
なんにでも反対。
不本意ながら同意せざるを得ないときは責任を回避するため棄権。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年7月29日号

コイルヒーターの話を前にした。

わかんないと思うが、実に携帯性に優れ、あからさまに安全性を軽視した危ない湯沸かし器だ。
棒状の電熱器に電気通すと発熱し、それをコップにぶち込むとお湯が沸く、と言う単純な器械。

オレの旅行時に唯一持っていく器械だ。
仕組みからして危なく、金属製のカップでお湯湧かすと感電するし、少し目を離してウンコとかしている間に空だきとなり、自然発火。すぐ壊れる。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年7月27日号

ナッチャンにあった。
下にヒロポンが産まれていた。

ヒロポンとはナッチャンの弟でオユカと筋彫りの息子。
筋彫り家のお世継ぎ様0歳だ。

ウーン・・・嫌なぐらいオヤジに似ている。
きっと、将来余計ないたずら書きを身体中に施しそうだ。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年7月22日号

見覚えのない番号だった。
もちろん携帯にも登録されていない。

普段であれば、仕事だろうがなんだろうが、こうした場合は常にバックレだ。
今回は魔が差したのか出てしまった。

受話器の奥から鳴り響く悪魔のうなり声。

『フフ・・・フフ・・・・・ウフフフゥーーーオユカでーす』やはり悪魔だった。

オレは瞬間パニクった。『グフフフ・・・グフフフフ・・・グワーッハッッハ・・・ママじゃないですか?イヤー奇遇だナー』もはや何を言っているのか、自分でも意味不明だ。

空港に迎えに行く約束を廃人活動でブッチし、そのままバックレていたオユカ&ナッチャン妖怪家族からの電話だった。

ウウッ呪いテレフォンだ。

『ウフフフフ・・・ご無沙汰しておりました』

『突然のことで大変驚いております。今回はご愁傷様でした』

『どういたしまして、たっぷり空港で待たせていただきました』
やばい心底根に持っている。

世の中には化けて出そうな女と、そうでない女がいるが、オユカは間違いなく化けて出るタイプだった。
つまり放射線並みに執念深い。
半減期は45億年だ。
ウウ、恐ろしい。

とんでもないモノに取り憑かれてしまった。
いずれ被爆覚悟で面会に行かねばならない。

思うのだが、洋の東西を問わず化けて出たり、物の怪に取り憑かれたりするのは決まって女だ。
偶然ではあるまい。

人をして女ならそうするだろうと思わせる何かを持っているのだ。
エクソシストを呼ぼうかな。

煩悩の夕暮れ、2011年7月22日号


にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年7月21日号

ウーン・・・活動力ゼロ
廃人活動はリハビリ期間が長い。

なにか忘れているような気がするが、あまりに気が重いので無かったことしにしてた。

思い出してしまった。
そうだ、廃人になったのはナッチャンが来るからだった。

来る前に廃人・・・と思っていたのだが、案の定歯止めが利かず、すでにタイに来てしまっているはずだ。

母親のオユカとは空港に迎えに行く約束をしていたのだが、すっかり反古にされた。

ううー怖い。
あの女はジトッと根に持つ女だ。

きっと深く恨んでいるに違いない。
ナッチャンには会いたいがオユカは怖い。

現実逃避のために、もう一度廃人に逃げ込もうかと考えてしまう。
なぜ子供の頃は素直なのに、大きくなるとああも執念深くなるのか・・・女は子供のままでいてほしい。

煩悩の夕暮れ、2011年7月21日号


にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45
アクセスカウンター     (ユニークユーザー数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター     (アクセス数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【泰淫歴】2018年
外道為替
さあ「いいね」を押すのだ!
バンコクポスト ツイッター
Google translate
トップページへはこちらから
外道記事検索
タイ・ニュース RSS
メビウスの輪(外道恋愛小説)
外道の細道を電子書籍で読む
外道図書館バナー
カテゴリー
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
外道天気予報
最新コメント