【外道の細道】『煩悩の夕暮れ』リターンズ


本ブログは、2012年3月15日にお亡くなりになった「外道の細道」管理人、故外道紘さんの
まとめブログです。本ブログは、『The Internet Archive』からデーターを復旧しております。
本ブログは、オリジナルの「外道の細道」及び、その関連サイトとは何ら関係がございません。
本ブログ以外の「外道の細道」に関係する事象には、一切お応えすることができませんので、
ご了承ください。(2016年6月15日 外道 邦)

google_translate

中出しモリズカさん

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2007年3月4日号(推定)

個人情報オレオレ詐欺

まったく暇だとロクな事思いつかない。

名前と住所電話番号を知られて何が困る?
どだい、平民に興味を持つ奴はいないし、そんな奴の情報は無価値だ。

だが、変な法律作ってしまったせいで、皆妙に臆病になっている。
これは一種の集団ヒステリーなのでこれを利用しない手はない。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2007年1月1日号外(推定)

グッタリと寝ていると電話が鳴った。

「紘さん、TV見ましたか?すごいですよ」

モリズカであった。
時計に目をやると夜の十時。

あやうく意識不明で新年を迎えてしまうところだった。
まあ、だからといってどうと言うこともないが・・・

「ウウッ・・・グワー(オヤジ寝起きの雄叫び・意味はない)・・・なんの話だハゲ」続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、モリズカ君イヌイットツアー事後報告】2006年11月17日号

外道紘

モリズカ君イヌイットツアー事後報告

モリズカがもう一ヶ月も風呂に入っていないそうだ。

イヌイットやチベッタンのような不潔な生活をしているのかと思ったが、どうもセックスをしていないと言う意味らしい。

どちらにせよ薄汚いオヤジだ。
急に電話してきて報告するほどのことか。

イヌイットから脱出するために、風俗ツアーを敢行。
心底情けない。

ナナ前のタチンボ
増えたな・・・出入り口に蜘蛛女のように張っているのはカマばかりだったが、女も増えた。

ナナホテル駐車場にも働けない年齢の、グレグレ女が増えた。

良い時代になった。

煩悩の夕暮れ、2006年11月17日号


にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2006年10月21日号

バカ野郎のノイちゃんからまた電話だ。

「キャー助けてー茨城に送られるーー」

「茨城でも岐阜でも勝手にいけ、もう金おくんないぞ、医者も忙しいのだ」

「あと1週間でタイに帰るのになんで茨城に行かせるの?」

「知らない、お役人様の都合だ」

「ねえ、茨城ってどんなところ?」不法滞在者ノイちゃんは観光気分だ。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2006年9月2日号

ウベ飯の夜

時刻は夜9時半、お昼寝が終わって小活動の後、第一夜寝が終わったところだった。
(オレには第二夜寝がありそれが普通の人の睡眠時間にあたる)

ウザイ事に電話が鳴る。
貧乏人からだった。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【外道グルメ GOURMET DE GEDOU 】前書き

すっかりヘタレてしまったポキエさんに代わり、オレ自身が執筆すると宣言してはや半年、すっかり忘れていたのだが、読者からの指摘により思い出した。

オレはこのまま忘れてしまおうと思っていたのに・・・。
仕方がないから始めることにした。

開始までに半年もかかっているので更新ペースはおのずから予想できると思う。
はなから期待しないで貰いたい。

だいたいオレくらい美食に縁遠い人間もいない。

日常の食事はジャンクフードに彩られ、たまの自炊は主に自家製ジャンクフードである、ラーメンライス、ネコ飯(みそ汁かけご飯)、洋風ネコご飯(コーヒー浸しパン)等、すべてどんぶりで食え、食器は一つしか使わないものばかりだ。

栄養の面からはイリヤンジャワのダニ族よりひどい。

こんなオレはロクな飯屋を知らず、食事場所の選考基準は”近いこと””安いこと””早いこと””下痢しないこと”で”うまいこと”は条件から除外されている。

仕方なく外道者の助けを借りることにした。
外道グルメナビゲーター候補に挙がったのはヒロポン軍曹・ガンジャ坊カズ・真性ゴイケ・中出しモリズカ・スジ彫り大魔王等だ。

考えてみればこいつらも安マンコ買いに熱中しているだけのロクデナシだな・・・人選からして大きく間違っている。
まあ・・・いいか。

外道者の為の食事場所選定基準は
1:女遊びできる場所から近いこと(仕事帰りの風俗嬢御用達のお店も含む。邪な期待を持てることも外道者には欠かせない要素だ)

2:予算はビール1本を含めB500程度であること。(外道者はセコイマンコ買いの上、貧乏でケチだ)

3:そこそこ美味いこと。(ハゲは糖尿の癖して味にうるさい。外道者は上品な味を判断できないので、ここでゆう美味い物とはモツ煮込み程度の食品をさす)

こうした志の低い外道グルメの数々を皆に紹介していきたい。

GOURMET DE GEDOU、2005年10月13日


にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2005年5月4日号

昨日、ふと思いついたのだが、イケメン素人童貞のモリズカは、もしかしたら狂牛病じゃないだろうか?

クロイツヘルト・ヤコブ病・・・脳がスポンジ状にスカスカになり、死んでしまう奇病。

オレがそう思う理由は、モリズカがあまりにバカすぎるという単純なものだが、多くの人の賛同を得ている。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2005年2月17日号

ローリー・ヤマザキとカール・ノムラが、中出しモリズカの引率の元、パタヤ場末置屋ツアーに行ったようだ。

本当に好きだな場末淫売。

ちょっとないぐらいマグロなのだが、モリズカは穴さえあれば、ネコでも良いので問題ない。
ローリーやカールもタニヤですら猿使いなので、寛容の精神に満ちあふれている。

ウーン、良い組み合わせだな。

心配なのはカール・ノノムラの主食はカールなのだが、はたしてパタヤでカールは手にはいるのか?
他に、かっぱエビセンも食えるそうだが、パンダのような食生活のカールは、パタヤで生き残れるか。

パタヤの安置屋で謎の日本人餓死!
不可解すぎる・・・マンコのためなら死んでも良い。

底知れない、淫売買いの暗い精神の奥底を覗きこんだようで、怖くなってきた。


煩悩の夕暮れ、2005年2月17日号


にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2005年2月11日号

本物の男はジジイと言えども侮れない。
と言っても、モリズカやゴイケの話ではありません。

座頭市父のお話です。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2005年1月19日号

フッフッフ・・・歯が折れた。

実は、Dr.フェラありから、タイの医者は、日本の医者から見ればターミネイターだと聞いていたので、歯だけは日本で治そうと帰国を考えていた。

しかし、最早限界だ。
地元の医者に行こう。

だが、幸か不幸かオレは身体が丈夫な上に、医者嫌いなので良い医者知らない。

外人専用の大病院は、キャッチバーみたいな料金取られるし、なんだか偉そうなので嫌いだ。

手っ取り早くやってくれる診療所が良い。

とりあえず、病弱そうなヤツに電話して聞くことにした。
ダウン症の新庄こと、モリズカに電話した。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2005年1月12日号

エロ映画には国を問わず、昔話や童謡の焼き直し物がある。
まあ、それだけ誰も真剣に脚本を書かないのだろう。

必ずファックを入れなければならないことを考えると、まともなストーリーは難しいのかも知れない。

そのエロ版昔話には、白雪姫みたいなお姫様や女の子が出てくる話が多い。
ファックがあること考えると当たり前だ。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2005年1月11日号

2005年 外道新年の抱負

年の初めは、なぜか目標を立てなければならないような切迫感がある。

とはいえ、オレに抱負なんか無いので、適当にやりたいことを羅列してみたい。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2005年1月7日号

間が悪いということがある。

なにもこんな時にそうならなくても、というときに限って、ドツボに填ってしまう人がいる。

オレのまわりで言うと、ゴイケとローリーヤマザキだ。

ゴイケはやっと逃げた女房が帰ってきたと思ったら、淫売から貰った淋病が出てしまい、あっさりと再度逃げられた。

ローリーヤマザキは、大津波で家族が捜索願を大使館に出しているにもかかわらず、タニヤで遊んでいたが、淫売にチンコ噛まれたか何かして使い物にならず、1週間の滞在で1発のみ。

大量に仕入れたバイアグラも今は虚しい。

モリズカは常にドツボなので、間が悪いとは言わない。
その前はあいつと一緒に乗ったタクシーがいきなり事故った。

これは間が悪いヤツではなく、単に不吉なヤツだ。

煩悩の夕暮れ、2005年1月7日号


にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2005年1月6日号

甚大な被害をもたらした大津波だったが、なんだか今一つ割り切れない。

津波が来てるのわかっているのに、ビデオ回しているヤツが大勢いたり、膝まで水が来てるのに、のんびり歩いて逃げているオヤジがいたりして、緊張感がない。

こんな、お気楽な奴らだから、大勢死んだんじゃないかと思えてしまう。

大勢の被害者が出ているにもかかわらず、正月から邪にバンコクで淫売お遊びをしていた外道者の感想は”渋滞無いけど女が少ない・・・”計り知れなく罰当たりな奴らだ。

座頭市兄弟兄は、大晦日からMDMA で意識不明。

ローリーヤマザキは、タニヤで猿使いになっていたそうだ。

中出しモリズカは、正月から仕事で災害なんか関係なく、頭にあるのは、コージーのデブがなぜ電話をくれないのかが気になってしょうがなかったそうだ。

今年も救われない年になりそうだな。

煩悩の夕暮れ、2005年1月6日号


にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2004年12月14日号

昨日淫行医者から貰った日本のお土産は、不思議の国のアリス洋ピン版。

・・・やっぱり医者は変態なんでしょうかね?。
変なシュチュエーションプレイみたいなのが好きだな、その前はスレイブドール(奴隷人形)だったし。

そういうことだから、淫行で医者が捕まる度に「もしや先生では?」と不安がられるんだぞ。

ゴイケも医者も変態だ。
モリズカは中出しだ。

煩悩の夕暮れ、2004年12月14日号



にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45
アクセスカウンター     (ユニークユーザー数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター     (アクセス数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【泰淫歴】2018年
外道為替
さあ「いいね」を押すのだ!
バンコクポスト ツイッター
Google translate
トップページへはこちらから
外道記事検索
タイ・ニュース RSS
メビウスの輪(外道恋愛小説)
外道の細道を電子書籍で読む
外道図書館バナー
カテゴリー
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
外道天気予報
最新コメント