【外道の細道】『煩悩の夕暮れ』リターンズ


本ブログは、2012年3月15日にお亡くなりになった「外道の細道」管理人、故外道紘さんの
まとめブログです。本ブログは、『The Internet Archive』からデーターを復旧しております。
本ブログは、オリジナルの「外道の細道」及び、その関連サイトとは何ら関係がございません。
本ブログ以外の「外道の細道」に関係する事象には、一切お応えすることができませんので、
ご了承ください。(2016年6月15日 外道 邦)

google_translate

南部永久不浄の旅_バナー

変態駐在

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年11月29日号

キンナリーの娼館が気になる。

洪水で水が来たらシラチャに逃げて、そしたら、タッキーにたかられてゲンナリしている変態駐在と一緒に行こうと考えていたが、結局水は来なかった。

運が良かったのか、チャンスを逃したのか、複雑な心境だ。

どうもよくわからないのだが、ある程度管理されたテメみたいな感じだ。
サイアムホテルコーヒーショップの ID 管理淫売みたいな感じかな?

パタヤでは、他にこういう場所の報告もないので、この店の為だけに、コーヒーショップの欄を作るのも考え物で、今のところその他の風俗欄に掲載している。

オレとしては興味津々だが、またあまり騒ぐと、テメの二の舞で日本人ばかりになって、つまらなくなりそうで怖い。

膨大なパタヤのロクデナシ人口を考えれば、あり得ない気がするが、それは当初のテメも日本人に占拠されるとは想像できなかった。

日本人オヤジ達によって、妙なお達者クラブになってしまう前に行ってみたい。


煩悩の夕暮れ、2011年11月29日号

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年11月29日号

キンナリーの娼館が気になる。

洪水で水が来たらシラチャに逃げて、そしたら、タッキーにたかられてゲンナリしている変態駐在と一緒に行こうと考えていたが、結局水は来なかった。

運が良かったのか、チャンスを逃したのか、複雑な心境だ。

どうもよくわからないのだが、ある程度管理されたテメみたいな感じだ。
サイアムホテルコーヒーショップの ID 管理淫売みたいな感じかな?

パタヤでは、他にこういう場所の報告もないので、この店の為だけに、コーヒーショップの欄を作るのも考え物で、今のところその他の風俗欄に掲載している。

オレとしては興味津々だが、またあまり騒ぐと、テメの二の舞で日本人ばかりになって、つまらなくなりそうで怖い。

膨大なパタヤのロクデナシ人口を考えれば、あり得ない気がするが、それは当初のテメも日本人に占拠されるとは想像できなかった。

日本人オヤジ達によって、妙なお達者クラブになってしまう前に行ってみたい。


煩悩の夕暮れ、2011年11月29日号

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【企業戦士 夜の紳士録 洗濯屋マーちゃん】ビエンチャンのロリグルメ情報

メコンの大河を朱色に染めた夕陽が沈み、ビエンチャンの町に夜の帳がおりた。
一国の首都とはいえ、この町の夜は未だ暗い。

街灯の無い川沿いの通りを、バイクやオート3輪がけたたましい音を立てて通り過ぎていく。
通りを走る車輌の茜色の灯火が、道を歩く人々を照らす。

夕刻になってメコン川から風が吹くと、日中の蒸した空気が冷却され、汗で背中に付着したシャツが乾いていくのが分る。
風はやさしく、埃と汗にまみれた町に潤いをもたらす。

ふっと思い出したように川からの風が体に付いた少女の甘い残り香を運び、鼻腔を撫でる。
かすかに漂う甘い体臭を嗅ぐと、今しがたの淫らな光景が鮮明に脳裏に浮かんでくる。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年9月23日号

『キキーーーガシャンーーーーあー逝ったな・・・・まっいいか』

オレは変態駐在と電話で話していた。
なんでも、女房に逃げられたタッキーは、それだけでも十分不幸なのに、逃げた女房が即座にファランに孕まされ、そのファランに逃げられたので、生まれくる子供はなぜかタッキーが面倒を見ることになるという、二重の理不尽ワールドに陥っているそうだ。

オレとしては、産まれてくる赤ちゃんが女の子だったら、13になるまで待ってヤッてやろう、と楽しみにしている。
ファランのハーフは可愛くて良い。

変態駐在としては、死に損ないのタッキーなんかどうでもよく、今度ミャンマーに行くので、ロリのスジマンはいるかとチンコを握りながら電話してきた。

なんでも、残業帰りらしく、午前様の電話だった。

その時・・・

『キキーーーガシャンーーーーあー逝ったな・・・・まっいいか』

『ん?どうしたの?』

『今ウチのドライバーがひき逃げしました』

『は?』

『まあいいや、バイタクみたいだし、こいつ早く帰りたいんで、150くらい出してましたよ。まず確実です』

『え?』

『あんなスピードで当たったら、まず助かりません。運命ってはかないナー』

『ウッ!』

そんな感じで命のはかなさを実感しつつ、何事もなかったかのように、情けないタッキーとロリパーマンの話を続けたのでした。

タイの日常はガルシア・マルケスの世界でした。
めでたしめでたし。

煩悩の夕暮れ、2011年9月23日号


にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【企業戦士 夜の紳士録 洗濯屋マーちゃん】私的変態番付

私的変態番付

全日本変態番付を公開したら、シラチャの変態駐在マーチャンが対抗意識を燃やし、以下のメールが送られてきた。
コメント無し・・・いや・・・したくない。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年7月29日号

コイルヒーターの話を前にした。

わかんないと思うが、実に携帯性に優れ、あからさまに安全性を軽視した危ない湯沸かし器だ。
棒状の電熱器に電気通すと発熱し、それをコップにぶち込むとお湯が沸く、と言う単純な器械。

オレの旅行時に唯一持っていく器械だ。
仕組みからして危なく、金属製のカップでお湯湧かすと感電するし、少し目を離してウンコとかしている間に空だきとなり、自然発火。すぐ壊れる。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年7月5日号

食べるラー油を覚えていますか?

それどころじゃない大災害があったので、すっかり忘れてしまったでしょうね。
同様に、沢尻エリカもノリピーも忘れてしまったでしょう。

忘れても一向に困らないですから。

大ブームを巻き起こした食べるラー油ですが、オレの手元には今頃やっと届きました。

去年の暮れに変態駐在が日本出張時に買ってくれたのだが、お互い幽体離脱火星旅行やロリ買い鬼畜旅行などで忙しく、なかなか時間が合わなかった。

先週やっとバンコクで会う事ができ、受け取れた。
早速、お部屋に帰って爆食い。

ですが・・・日本の皆さん、本当にこれをうまいと思って食っていたのですか?

なくてはならない、飯のおかずでしたか?

他に食う物はなかったのですか?

マズイとは言いませんよ、でもそんなたいそうに騒ぐほどの物か?

日本人の食生活はここまで貧しくなったのか?

煩悩の夕暮れ、2011年7月5日号


にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】2011年5月21日号

放射能だけでなく、リストラされた企業戦士のなれの果てや、家庭破壊オヤジやニートとか日本から悪い物がどんどん流れてくる。タイは人間の産廃業者じゃなりません。

あまり毒性のある物を投棄しないように。最終的には引き取って貰いますからね。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【企業戦士 夜の紳士録 洗濯屋マーちゃん】秘境で姫はじめ

姫始 ひめ-はじめ

美しい響きである。

暦に因んだ日本独自の古式ゆかしい儀式だ。

これは日本人が太古から四季という稀なる気候と自然の恵みによる天への敬意と畏怖を抱いて育まれてきた伝統と文化の結晶である。

古人伊勢貞丈も俳諧犬小集(1633)の中で

「初春のひめはじめは、諸説まちまちなれど、皆とるに足らず、むかしより世俗のいひ来れる男女交合の始なり」

つまり、正月の数ある行事の中でも、新年の男女結合(おまんこ)の行いに比べればとるに足らずと説いている事からも、正月におまんこをする事が日本人にとって如何に重要な意味を含んでいるか分かるというものだ。

然しながら、この国にいると正月もただのクソ暑い休日となり、由緒正しき日本人の伝統と文化を忘れがちになりやすい。

勿論、タイでも姫はじめはできるが、ここは日本人らしく、しんしんと降り積もる雪を眺めながら、大和撫子と交わる事が大切である。

「よし、正月は日本に帰ろう。雪だ、酒だ、温泉だ。日本人のデリヘル嬢で姫はじめだ!」

私は、早速旅行代理店に行き日本行きの航空券の予約を試みた。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2010年11月17日号

たまにはこの欄の本来の役割である編集の感想について書きたいと思う。と言うか書きたくなった。

今日の変態駐在記、ロストバージンであるが・・・・まあなんと言いましょうか・・・最早このお方のような没義道外道の高みにおわす天上人に、オレごとき市井の外道者がもの申すことはおそれ多く、初めて目にしたときにはショックで脱糞しそうになりました。

こんな牛馬はおろか犬猫にすら劣る畜生道に転がり落ちた投稿メールを寝起きに開いてしまった事を心底後悔した。

長くこの下品なサイトをやって来たが、自身のカマ掘られ体験の投稿は初めてだ。しかも写真付き。本物だなこの駐在は。

編集後記を書こうと思ったがテーマがあまりに壮大すぎてオレの筆力ではカバーできなかった。本文を読んで貰いたい。

最近この駐在は別のバービヤ女(タッキーの女房)に7000B強請られたそうだ。やんごとなき方はすべてにおいてやることが違う。



伝言である:タッキー早く馬鹿女引き取りにこい。駐在が迷惑しているぞ。
お前の家族は迷惑防止条例違反だ。


煩悩の夕暮れ、2010年11月17日号

(外道邦注、こちらの投稿です。)
企業戦士 夜の紳士録

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【企業戦士 夜の紳士録 洗濯屋マーちゃん】パタヤロストバージン

(外道邦注、画像はカットいたしました。)

元々低血圧で、朝が苦手な私は、休みの日は大抵昼ちかくまで寝ている。
しかし、この日はYからの電話で起された。
「○○さん、奢りますから飯に行きましょう」
時計を見ると午前10時。
もう少し寝たい気分だが、せっかくのYの誘いを断るのも申し訳ない。
さっそく着替えて待ち合わせのコンドーのロビーに下りていく。

続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【煩悩の夕暮れ、編集後記】 2010年10月19日号

特になにもねえな なにもないので

タンタンタヌキのタッキーは 金もないので無人君
詠み人 歌人 洗濯屋マーチャン
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【企業戦士 夜の紳士録 洗濯屋マーちゃん】感染報告

最近、ついていない。

仕事は相変わらずクソ忙しいわりに業績は上がらない。

赤字決算の株主総会を控えたお陰で、本社と株主と銀行との狭間で身を縮めて日陰街道を歩いている。

鬱積したストレスを屈折した性欲で解消しようとナークルアの置屋で○6歳の淫売を800THBで買った。

久々のツルツルのスジマンと愛らしいベビーフェイスのビジュアルにアホな愚息は硬直して喜んだ。

マンコを舐めると臭かったが、欲望に負けて生で挿れた。

嗚呼、愚息を包み込む抱擁感がたまらない。

腰を動かすと、必死に喘ぎ声を押し殺す表情がよろしい。

硬い張りのある膨らみかけた乳房も良い感じだ。

少女のエキスをタップリ吸引したかわりに、白濁液の毒素をたっぷり放出して生き返った。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【企業戦士 夜の紳士録 洗濯屋マーちゃん】心づくしのお尺八を味わう

美食を究極まで探求した北大路魯山人曰く、良い料理人の条件とは、素材の持つ可能性を極限まで引き出せる腕がある事と云う。

勿論、素材を吟味する事は、料理をする上で最も重要ではあるが、せっかく極上の素材を手に入れても、料理人の腕が悪ければ美味いものにはならない。

料理の腕は、長年の経験に培われて養うものと思いがちであるが、魯山人は「こればかりは、百年修行しても、天性の味覚が備わぬ者は良い料理は創れぬ」と喝破している。
続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【企業戦士 夜の紳士録 洗濯屋マーちゃん】パタヤ 青春の幻影

誰にでも、はかない恋の思い出があるだろう。
心の思いを伝えられないもどかしさが、日を重ねるに従い、時として自己嫌悪となり、自らを苛める。

高校3年の夏。

当時の僕の純粋すぎる心は、盲目な恋の炎に青く包まれていた。
大学入試を控えた予備校の一室で、詩織という少女に僕の心は奪われていた。

偏差値の低い公立高校の僕と違い、詩織は有名大学付属高校に通っていた。
矯正な顔立ちと誰にでも明るく振舞う気さくな性格に、多くの男子は心を奪われていった。

紺色のブレザーに身を包んだ詩織の斜め後ろの席に座り、彼女の白いうなじを脳裏に焼きつけては、想像の中で詩織を犯していた。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45
アクセスカウンター     (ユニークユーザー数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター     (アクセス数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【泰淫歴】2018年
外道為替
さあ「いいね」を押すのだ!
バンコクポスト ツイッター
Google translate
トップページへはこちらから
外道記事検索
タイ・ニュース RSS
メビウスの輪(外道恋愛小説)
外道の細道を電子書籍で読む
外道図書館バナー
カテゴリー
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
外道天気予報
最新コメント