【外道の細道】『煩悩の夕暮れ』リターンズ


本ブログは、2012年3月15日にお亡くなりになった「外道の細道」管理人、故外道紘さんの
まとめブログです。本ブログは、『The Internet Archive』からデーターを復旧しております。
本ブログは、オリジナルの「外道の細道」及び、その関連サイトとは何ら関係がございません。
本ブログ以外の「外道の細道」に関係する事象には、一切お応えすることができませんので、
ご了承ください。(2016年6月15日 外道 邦)

google_translate

南部永久不浄の旅_バナー

WANさん

【徒然外道、2009年1月20日】やっぱり帰国最終日は憂鬱だ 投稿者:WANさん

自分の悪い癖である。

いつも、今やっていることに集中できず、次のことを考えてしまう。
今を楽しむ、「ゆとりや余裕」を忘れてしまう。

多分、時間に追われ、今まで生きてきたことが、自然そうさせてしまうのだろう。
今を楽しめないなんて、「なんて最低な奴なんだ」と自分を責める、もう一人の自分が居る。

かみさんに対するバレバレのアリバイ工作、会社に対する有給休暇取得の度重なる言い訳等々、幾多の苦難と障害(涙と汗と笑)を乗り越え、空港占拠をものともせず、やってきました夢の国タイ、バンコク。

さらに、パタヤに1週間も滞在できたのは、所帯持ちリーマンのWANとしては、奇跡に近い。

しか~し、NH915便でクリスマスイブに到着したBKKは、予想以上に静かだった。

今度の旅は、自分にとっては最長である。

僕のハレ(非日常)は12月24日にBKKより始まり、25日から31日までのパタヤ滞在に終わった。
あっという間の、1週間だった。

クリスマスホリデーのトップシーズン、目ぼしい姫は長期滞在のファランに囲われてしまったためか、夜の収穫は殆ど無い、今回のパタヤ滞在であったが、これでいいじゃないかと思える旅だった。

年末料金で高いペイバー代とチップに興ざめし、狙ったバービアの姫には良い返事がもらえず、勤めて10日の新人はカンクンペイバーするも、まぐろの上、1発しかやらせてもらえず、大柄な態度をとられ、と散々だったが、帰国最終日は、市井のタイガール2名と、ルアンタイで真っ当なタイ料理を食べられたこと、パタヤビーチで最後の勝負・ナンパした素人娘2名とDISCOに行ったは良かったが、大空振りだったこと。

そして、最後、午前2時に一人で行ったソイブッカオのLBビアバーでは、超セクシーで呼んだLB(男?)が竿付玉付で参ったこと等々。

結果は出せなかったが、帰国してみれば、気が付かないくらい、沢山の思い出が出来ていた。
性悪女にサービス料をふんだくられたことを差っ引いても、良い思い出の方が明らかに多いのである。

なんとも、愉快な冬休みだった。

夜は殆ど連日、遊人さんにガイドをして頂いた。
遊人さんのお陰で色々と勉強させてもらった。

姫の選び方、性格の見抜き方、当地でのバイクの乗り方等々。
ご尽力下さったことに対し、このサイトをお借りし、謝意を申し上げたい。

徒然外道_パタヤの海

(画像1、パタヤビーチにて)

さて、帰国最終日(2008年12月31日大晦日)、パタヤの海は僕に優しかった。
パタヤの最後の午後を楽しむため、ビーチで転寝をした時の一場面である。

年末休暇で遊びに来た姉妹であろう、デジカメを向けると姉が妹にも声を掛け、二人で微笑んでくれたのだが、残念ながら、何故かその微笑の画像が撮れていない。最大の悔みである(神様の悪戯だろうか?)。

Navin Mansion IIの猫

(画像2、NavinMansionIIの猫ちゃん)

楽しかったとは言っても、「やっぱり帰国最終日は憂鬱だ!」。

漫画喫茶「遊人」で知り合った仲間に、大晦日の今日これから帰国することを告げると、皆一様に驚き「何故ですか?これからじゃないですか?」と、後ろ髪を惹かれるようなことを言うのである。

そりゃーWANだって、居られるものなら延長したい。
でも、これが限界である。

外では、カウントダウン間近、新年を待ち切れない打ち上げ花火が盛大に夜空を飾っている。
外には、エアポート行きのお迎えタクシーが待っている。

画像は、ホテルチェックアウトの時も悠々自適マイペースなNavinMansionIIの主、名前は例によって定かでない。「WANさん、マイペンライ。またパタヤに来てニャン」って、言っているように思えた。

「さようならパタヤ、さようなら遊人の常連さん達、さようなら遊人さん。 "See you again Pattaya!" でも、やっぱり帰国最終日は憂鬱だ」

2009年1月1日、NH916便にて、雲海の上から初日の出を拝み、摂氏5度ピンと張り詰めた、成田空港にWANは降り立った。

正しく、自分はハレ(非日常)から、ケ(日常)へ舞い戻ったのだ(平成21年1月3日、日本国どこかの自宅にて)。


徒然外道、2009年2月4日

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【徒然外道、2008年11月21日】帰国最終日は何時も憂鬱だ・・・ 投稿者:WANさん

9月20日 NH915 深夜便で BKK 到着し、2日後の 9月 22日(月)にパタヤに移動し、27日の NH916便の departure23:55 まで結構な時間を、ここパタヤで過ごした。

もっと居たいのが本音だが、そろそろ、帰国準備をしなければならない。

いつも、安ホテルに泊まって宿泊費をセーブして、飲み代に充ててきたが、昼の手持ち無沙汰解消のため、今回はプールサイドの部屋を確保した。

結局、最終日前日は、完璧なまぐろを引いてしまった。

反省すべき点は多々ある。

行き着けの店で確保した姫を、直ぐにペイバーせず、午後 7時という全く早い時間帯に、即、始めての店(ソイ・ブッカオのクラブ・オアシス)でアイコンタクトもない姫を選び、じっくりコミュニケーションもとらぬ間に、容姿のみでペイバーを決めてしまったことである。

自分には時間が無かったので、焦りがあったのかもしれない。
次回の訪タイでは、同じ過ちは避けたい。

添付画像は、柄にもなくオーダーしたカクテル、マイタイ。
これを飲み干したら僕の遅い夏休みは終わりだ。

徒然外道_帰国最終日は何時も憂鬱だ

と、悲しんでばかりは居られない。
チョイ悪オヤジは、初めてパタヤの仲間を見つけ、早くも12月の冬休みを計画中である。

実は、こうやって次の旅の計画を練っている間が、最も楽しい時間かもしれない。
どこの 55 に行こうか、宿は何処にしようか。

プール付か、サウナ付か、SW に近いところにするか、海が見えるところにしようか。
何処のレストランに行こうか。
何を土産に持っていこうか。
色々思いを馳せる。

そう、小学生時代、夏休みや正月が待ち遠しかったように、でも、終盤、1 週間前位から休みの終わりを気にして憂鬱になり、始業式前日に、溜め込んだ宿題を、必死にやったことを思い出す。

あれから何十年も経っているのに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

でも、こんな僕にタイ人はこう言うのだろう

「マイペンライ」と。



徒然外道、2008年12月10日

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
外道風呂

epubファイルバナー_566_45
アクセスカウンター     (ユニークユーザー数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター     (アクセス数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【泰淫歴】2018年
外道為替
さあ「いいね」を押すのだ!
バンコクポスト ツイッター
Google translate
トップページへはこちらから
外道記事検索
タイ・ニュース RSS
メビウスの輪(外道恋愛小説)
外道の細道を電子書籍で読む
外道図書館バナー
カテゴリー
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
外道天気予報
最新コメント