【外道の細道】『煩悩の夕暮れ』リターンズ


本ブログは、2012年3月15日にお亡くなりになった「外道の細道」管理人、故外道紘さんの
まとめブログです。本ブログは、『The Internet Archive』からデーターを復旧しております。
本ブログは、オリジナルの「外道の細道」及び、その関連サイトとは何ら関係がございません。
本ブログ以外の「外道の細道」に関係する事象には、一切お応えすることができませんので、
ご了承ください。(2016年6月15日 外道 邦)

google_translate

南部永久不浄の旅_バナー

assholeさん

【徒然外道、2010年12月24日】THE NEW WORLD 投稿者:assholeさん

所詮、アジアの女なんてゲスでしょう、と言った世界中の女を知り尽くした、仙人の様な日本人の爺さんに異議申し立てをしたい。

しかし、私にそれをやれるだけの、理論構築された言葉と、体験を持ち合わせていない現実を知るだけだったのだ。

タイで白人女をやれるらしい、とプーケットで知り合った日本人の男に聞いたのだ。
旅行者ではなくである。

前から、旅行者の白人女達に密かな性的欲望を感じていたのだが、どうする事も出来ないでいたのだ。

その男の話では、バンコクのラジャ・ホテルに常時、白人女達が待機していて、お金を払ったらやらせてくれるとの事。興奮した私は、プーケットに着いたばかりだというのに、翌日のバスで、バンコクに戻ったのだった。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【徒然外道、2010年12月16日】GOHST WOMAN 投稿者:assholeさん

夜の海を眺めながら、こんな事を考えてみる。

一体ここにはセブンイレブンがいくつあるっていうんだ?
数えてみようかとも思ったがやめる事にした。

そんな事にうつつを抜かしてる暇があったら、ほかにやる事があるはずだ。

ここは、パタヤだ。

今、おまえは、パタヤのビーチロードにいる。
周りには女達がいる。

レディーボーイと呼ばれる、タイのトランスセクシャルもいる。

何でもお金を払えば、やらせてくれるとか。カオサンで知り合った不良外国人の男に散々、聞かされていたのだ。
ちなみに、こいつはカオサンの安宿にタイ人の売春婦を連れ込もうとして、叩き出されていた。

しかし、ものすごい数だな。
これじゃあ、いくら安いとはいえ、金がいくらあっても足りない。

俺はここに来る前に密かにパタヤにいる夜の女達を全員やるつもりだったのだ。
それは、想像を超えていた。

呆然と立ち尽くしているうちに、軽い疲労感を感じた俺は、ビーチの辺りに腰を下ろした。
えらい所に来ちまった、俺にはまだ早過ぎる。

しかし、もう後戻りは出来ない状況だった。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【徒然外道、2010年12月1日】GHOST RIDER 投稿者:assholeさん

夕方、ソイカウボーイ近くの屋台で飯を食っていたら、怪しい感じの男が客としてやってきた。

どうも、日本人らしいその男は、何かを注文して食べ終わって、料金を支払う段階になって、屋台のオヤジと揉めだして、切れた屋台のオヤジがもう1人の若い従業員と2人がかりで、その日本人をボコボコにしていたら、身なりのいい若いタイ人の男が止めに入って、料金を支払っていた。

その日本人はメガネが壊れたと大騒ぎして、ポリス!ポリス!を連呼していた。

深夜1時過ぎに、ナナプラザがクローズする時間帯を狙ってナナホテル前の駐車場に行こうと思い、スクンビット商店街を野良犬に追いかけられたりしつつ、歩いていると、屋台のあの日本人がシャッターが閉まっている店の前でスヤスヤ寝ていた。

もしかしたら、もうパスポートもどっかなくなってたのかも。

そういえば、ゴアの宿無し日本人は今頃、何をやってるんだろうか?
まだ、ゴアいるのかなぁ?

ちなみに、ナナホテル前の駐車場で前に見かけた事のある、微妙な年令の女に慣れなれしく声をかけてみたところ、買う気もないのに声をかけるなと恫喝された。

本当はこの女の近くにいた、レディーボーイに興味があったんだ。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45

【徒然外道、2010年11月3日】GHOST WORLD 投稿者:assholeさん

カンボジアのハッピーピザは舐めない方がいい。

大した事ないだろうと思って、ラージサイズをテイクアウトして、ホテルに戻ってまとめて食ってみたところぶっ飛んだ。

効きすぎこれ。
ちょっと勘弁してくれって感じだった。

感覚が鋭くなってるから、寝て、誤魔化そうにも、頭の中でいろいろ考えちゃってさ。

トゥールスレン博物館のことを思い出したり(ここは、へヴィだね)、シアヌークビレの置屋から連れ出した事のある女に、又、会いたくなったりとか(ここは、シアヌークビレだった)後になって、あいつ、いい奴だったよなとかなってきて、切なくなったりして。

いや、今までの東南アジア外道人生を振り返ったりして、何だか随分遠い所まで来たもんだと思ってたら、いつの間にかチルアウトしてて、丁度その時、いいタイミングで、レスラー(主演 ミッキー ローク)がクメール吹き替えで放送して、かろうじて聞こえたオリジナル音声に耳を傾けながら、非常に素晴らしい映画体験をさせてもらった。

ハッピーピザの効果もあったにせよ、アウトサイダーやフリークスの悲哀が、何かこう切ないんだよなぁ。

あぁ、だから何か切なくなってくる時がたまに東南アジアにいてある。
ノスタルジックな気分になる時がある。

東南アジアと関わりだしてから、どうもこういう感じなんだよなぁ。

自分は東南アジアにノスタルジアを求めてるというかさ。
感傷的な気分になってきたりして。

だから、ブルーズなんだと思う。
演歌ブルーズとでもいうか。

人種とかごちゃ混ぜのラブストーリーがあっちこっちで展開されてたり。
だから、演歌の世界に白人が入り込んで、メロドラマをやってるとか、シュールだもんな。

パタヤなんてまさにそう。

ビーチロードの光景とか、殺伐なのを通り越して、微笑ましささえ感じるよ。
みんな、出会いを求めてるんだよなぁ、とかなってきて。
肯定的になってきた、こういうの最近。続きを読む>>
外道風呂

epubファイルバナー_566_45
アクセスカウンター     (ユニークユーザー数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター     (アクセス数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【泰淫歴】2018年
外道為替
さあ「いいね」を押すのだ!
バンコクポスト ツイッター
Google translate
トップページへはこちらから
外道記事検索
タイ・ニュース RSS
メビウスの輪(外道恋愛小説)
外道の細道を電子書籍で読む
外道図書館バナー
カテゴリー
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
外道天気予報
最新コメント